2018夏ドラマ

健康で文化的な最低限度の生活|視聴率一覧・感想まとめ(随時更新)吉岡里帆

投稿日:2018年7月3日 更新日:

 

ハート四葉健康で文化的

 

吉岡里帆さん主演のフジテレビドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の視聴率をまとめています。

生活保護受給者を支援する部署に配属されたヒロインの成長物語です。



 

 

放送日時

フジテレビ
「健康で文化的な最低限度の生活」
毎週火曜よる9時~

スタート:7月17日(火)よる9時 初回20分拡大

 

原作

柏木ハルコ
「健康で文化的な最低限度の生活」(小学館「週刊 ビッグコミックスピリッツ」連載中)

 

脚本

矢島弘一 ※「毒島ゆり子のせきらら日記」「コウノドリ」など
岸本鮎佳

 

主要キャスト

吉岡里帆・・・義経えみる
井浦新・・・半田明伸

 

主題歌

AAA(トリプル・エー)の新曲「Tomorrow」(avex trax)

オープニング曲:安田レイ「Sunny」(SME Records)

 

概要

主人公は安定を求めて公務員となった義経えみる。
配属先は“生活保護受給者”を支援する部署だった。
戸惑いながらも新人ケースワーカーとして奮闘するえみる。
様々な理由で生活保護を受けている人達と接しながら、主人公が成長していく物語。



 

 

主な感想

第1話をみた人の主な感想です。

・受給者の1人が自殺して、先輩のケースワーカーが、「受け持ちの受給者が減って良かった」と言うシーンはショックだった

・生活保護の現場の実態は超多忙、毎日サービス残業。事務処理に追われ家庭訪問もままならない。自殺でもケースが1つでも減って欲しいというのは正直な気持ち

・一部の不正受給者のために、本当に必要な人に対しても、悪者のような風潮がある。真面目な人であればあるほど、必要でも受給をためらってしまう。ドラマを通して受給者への偏見が減ることを祈る

・生活保護の現状を見ていて辛くなった

・今の時代には、気持ちが重くなる題材

・親身に世話してくれる、実際にこんなケースワーカーはいるのだろうか? 綺麗すぎてリアリティがない

・原作はとてもよいので、期待したい

・素直な気持ちで見ていきたいと思うドラマ

・自分もケースワーカーをしていた。生々しい部分もあり懐かしくみた

・ケースワーカーは訪問調査で受給者の自宅に入ることは、権限として認められている。生活状況を確認するために部屋にはいることは珍しくない

 

平均視聴率

視聴率は、ビデオリサーチ(関東地区)調べです。

第1話・7/17:7.6% ※20分拡大、関西地区では、12.9%

 

 

新人ケースワーカーの笑って泣ける成長ドラマとのこと。

原作は「このマンガがすごい!2015」のオトコ部門で第10位を獲った作品です。

連載もまだ続いていますが、リアリティを追及した描写が現役ケースワーカーや医療、福祉の現場からも高い評価を受けているとのことなので、ドラマも期待したいです。



 

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

見逃したドラマ、もう一度みたいドラマはありませんか?
ドラマだけでなく、アニメや映画、スポーツなど、幅広いジャンルで配信サービスがあります。
今なら無料キャンペーンやお得なプランがあります。
各社のサービスをまとめていますので、是非チェックしてみてくださいね。
 
動画配信サービス比較はこちら
↓ ↓ ↓
動画配信サービスで見逃し無し!お得な見放題プランや無料キャンペーン  
 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2018夏ドラマ
-, , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2018年7月
« 6月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。