漫画

恋わずらいのエリー10巻!37話38話39話40話・あらすじネタバレ&感想

投稿日:

Renta!

 

大人気少女マンガ、『恋わずらいのエリー』。

胸キュンな展開と、ちょっとクスッと笑ってしまうラブコメな展開が話題の作品です。

10巻のあらすじ&ネタバレを紹介させていただきます!



 

 

恋わずらいのエリー 10巻あらすじ&ネタバレ!

9巻では、エリーが体育祭実行委員、そしてオミくんがDKコンテスト。

それぞれが頑張り始めました。

そして、エリーの親友・紗羅と、紗羅の幼馴染・レオの恋模様にも進展が!

10巻では主にこの2つのエピソードが進行していきます。

 

 

紗羅とレオの関係が・・・

オミくんの、DKコンテスト東海大会を応援しにきたエリーと紗羅。

そんな2人が見かけたのは、レオとアヤカが2人でいる姿。

「なにしてんの?」

思わず紗羅はレオへ声を掛けます。

そんな紗羅に、レオは、「そんなかわいい髪型して誘拐されたらどうすんの!!!」と、まさかの返し。

紗羅はそんなレオに調子を崩されつつも、いつもの調子で強くレオに当たります。

そこに口を挟むのはアヤカ。

紗羅へ、
「なんでそんなにレオに厳しいの?」
「私の好きな男を悪く言うのは許さない」
と宣戦布告。

紗羅は思わず逃げ出しますが、コンテスト会場にあった機械のコードに足が絡まり、機械が倒れて…。

それを守ったのはレオ。

「ケガないか?」と声をかけるレオに、紗羅は困ったように真っ赤な顔で逃げ出します。

その表情を見たレオは、
「ずっと待ってたんだよな あの顔」
「火ィついた」
と呟き、アヤカへ、俺のためにあんなことを言ってくれてありがとうと、見当違いなお礼を言うのでした。

一方、逃げ出した紗羅を追うのはエリー。

アヤカの宣戦布告に、悔しいと言う紗羅は、その悔しい気持ちが何なのかわかってない様子。

背中を押そうとエリーは張り切りますが、そこに「大本命アキラくんの審査です!」との会場の声が聞こえます。



 

 

オミくんのコンテストはどうなる!?

「大本命アキラくんの審査です!」との会場声。

アキラとは、オミくんの名前です。

「彼女が応援しなくてどうすんの!」

アヤカに背中を押され、会場の一番後ろで手作りうちわを掲げるエリー。

だけれど一番後ろだし、他の女の子の声援もすごく、エリーは陰ながら見守ると決めます。

しかし、意外にもオミくんからは、ちゃんとエリーの姿が見えていて…。

エリーの、『舌ぺろ見せて!』『変態ってののしって!』という独特な手作りうちわに、オミくんは爆笑してしまいます。

その笑顔の可愛さも相まって、オミくんは東海大会グランプリに!

全国大会への切符を手にするのでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

揺れ動く紗羅の気持ち…

コンテスト終わり、エリーを待つ紗羅に、レオは迫ります。

「スイッチ押したのは紗羅だよ」

そう告げて、壁ドンで告白するレオ。

思わず紗羅は、レオへ、嫌いと言ってしまいます。

怯える紗羅を見て、レオは、その場を離れます。

エリーと再会し、抱きつく紗羅。

エリーと紗羅は、紗羅の家で話をします。

今日あったこと、紗羅の過去の話、レオとの思い出話…。

「今さら…私 どーしたら…」悩む紗羅。

エリーはその話を聞いて、

「先輩に好きって言われて嬉しかった?」

と紗羅に尋ねます。

エリーからの質問で、紗羅は、レオへの気持ちを自覚するのでした。

そして、紗羅の家に泊まるエリー。

寝る前のガールズトークで、エリーは、「どんなことをしてでもオミくんを守りたい」と言います。

男前な発言ですが、その決意が後から大きな波乱を呼ぶのです…。



 

 

オミくんを守りたい、エリーの気持ちが波乱を!?

翌日。

学校では、オミくんがDKコンテスト東海大会グランプリを取ったとの話題で持ちきりに。

オミくんの人気も過熱し、エリーも朝から、オミくんと話も出来ないまま…。

やっとオミくんに会えたのは、オミくんがエリーを見かけて話しかけてくれたから。

そこでエリーはオミくんから、全国大会グランプリを取ると、優勝特典で東京ニャンコランドへのペアチケット(宿泊チケット付き)があるという話を聞きます。

そして、そこで初めての夜を過ごそうと、2人の夢が決まるのでした。

そんな甘い話の中、実はSNSでは大変なことに。

DKコンテスト公式プロフィールにて、応募した同級生が票を稼ごうとしたため、オミくんが『彼女なし』になっていたんです。

だけれど、実際は彼女がいるということがSNSで話題に。

オミくんが嘘をついていたのではと、SNSで大騒ぎになってしまっていたのです。

しかも、SNSでは、放課後、彼女がいるのかどうかを聞きにいこうという動きまで!

なんとかそれを阻止しようと、エリーはオミくんを裏門から帰そうと頑張ります。

それを知らないオミくん。

正門から帰ろうとしたオミくんと、それを止めるエリーが一緒にいるところを、集まった他校の女子たちに見られてしまいます。

実は、他校の女子たちの中に、同じ高校の子から、エリーの写メを送ってもらっていた子がいたのです。

「付き合ってるんですか?」
「なんで隠すんですか?」
女子たちの質問に戸惑うエリー。

オミくんを守りたい!

その場をしのごうと、エリーは咄嗟に、「自分は彼女ではない」と発言してしまいます。

そのタイミングで、先生に見つかり、女子たちは帰りますが…。

付き合ってることを隠したエリーに傷ついたオミくん。

2人は険悪なムードに…。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

すれ違うエリーとオミくん、そして紗羅の決意!

翌日。謝ろうと頑張るエリー。

だけれど、エリーの気持ちは、「コンテストを頑張ってるオミくんを応援したい」。

一方、オミくんの気持ちは、「嘘をついて欲しくなかった」。

想い合うことが故に、すれ違う2人。

「じゃあ別れる?」
「エリーは別れてでもオレにコンテスト集中してほしいんでしょ」

売り言葉に買い言葉と言え、オミくんの口からこぼれた言葉に、エリーは逃げ出してしまいます。

仲直りしたい気持ちと裏腹に、エリーとオミくんはすれ違ってしまうのでした…。

一方、紗羅はアヤカに焚き付けられ、とある出来事から、レオへ気持ちを伝えようと心に決めます。

エリーとオミくん、そして紗羅とレオ。

それぞれの気持ちはどこへ進んでいくのでしょうか…。

 

作品データ

作者:藤 もも
タイトル:恋わずらいのエリー
巻数:10巻
出版社:株式会社 講談社(KCデザート)

 

■こんな記事もあります

 

互いを想い合う気持ちで、すれ違ってしまうのは読んでいてハラハラしてしまいますね。

ラブコメな『恋わずらいのエリー』ですが、進展するにつれて、笑える展開だけではなくなってきました。

そして、紗羅とレオの関係にも進展が。

どうなっていくのか、今後の展開に期待です!



 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-漫画
-, , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です