名医の太鼓判

名医の太鼓判|老眼&スマホ老眼の視力改善回復法「ガボール・アイ」のやり方

投稿日:2019年11月11日 更新日:

 

名医の太鼓判ドクター医者

 

スマホの見すぎで手元が見づらくなったりするのをスマホ老眼というそうです。

老眼やスマホ老眼の視力を改善する方法「ガボール・アイ」をご紹介します。



 

 

番組情報

TBS
名医のTHE太鼓判!SP芸能人の余命宣告3時間SP
11/11 (月) 19:00 ~ 22:00

■出演
MC :渡部建(アンジャッシュ)、山瀬まみ
レギュラー:児嶋一哉(アンジャッシュ) 、原西孝幸(FUJIWARA)、 藤本敏史(FUJIWARA)
ゲスト:相川七瀬、紅蘭、白鳥久美子(たんぽぽ)、チェリー吉武、土屋炎伽、南明奈、野性爆弾、ゆきぽよ、渡辺徹
医師:大竹真一郎、大谷義夫、川村明、菅原道仁、高橋通、平松類、丸田佳奈、森田豊

 

スマホ老眼とは?

スマホ老眼とはその名の通りスマホの見すぎで、老眼と同じような症状がでるものです。

症状は手元が見づらくなったり、遠くや近くを急に見るとすぐにはピントが合わないなど。

スマホ老眼は一時的なものなので改善が可能ですが、放っておくと慢性化して、若くても老眼になるリスクが高まります。

スマホを見る時間は、理想は1日2時間くらいとのことですが、それ以上みている人がほとんどではないでしょうか。



 

 

老眼&スマホ老眼の改善!視力回復法

老眼に対して世界で唯一科学的に証明された視力を改善する方法に「ガボール・アイ」というものがあります。

ぼやけたものを見ることで、脳の処理能力を上げるトレーニングです。

 

「ガボール・アイ」のやり方

「ガボール・アイ」は書籍がでています。

ちょっとぼやけたマークが並んでいる中から、同じ組み合わせを見つけます。

 

このトレーニングを、1日3分~10分行えばよいとのこと。

また、特別なものを使わなくても「お札の透かし」「レースのカーテン越しの風景」など、ぼやけたものを見ることで、脳が鍛えられ視力の回復につながります。

 

 

特別なものを使わなくても「ぼやけたものを見る」ということでトレーニングできるのは手軽でいいです。

ときどきスマホから目を離し、やってみるといいかもしれません。



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-名医の太鼓判
-, , , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年12月
« 11月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031