美容・健康

目の老化ストップ食材はブリ!DHA・EPAで眼精疲労改善を|たけしの家庭の医学

投稿日:

 

たけしの家庭の医学

 

「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、目の老化をストップする食材としてブリが紹介されました。

ブリに含まれているDHA・EPAが目の疲れにも良いそうです。



 

 

番組情報

テレビ朝日
1/22 (火) 19:00 ~ 21:48
名医とつながる!たけしの家庭の医学

■概要
名医おすすめ!冬に嬉しい食材&飲み物
「目の不調を改善する科」
目の疲れ…たかが眼精疲労と侮るなかれ!重症化すると、視力低下…失明の恐れも
目を守ってくれる物質『ルチン』
名医が薦める冬が旬の食材!富山名産の“あの魚”で目の老化をストップ!

■出演
司会:ビートたけし
アシスタント:澤田有也佳(ABCテレビアナウンサー)
ゲスト:
原日出子、森尾由美、天野ひろゆき、ガダルカナル・タカ
先生:
東京医科歯科大学市川総合病院 眼科教授 島﨑潤先生

 

気になる目の不調

40代以上の人に多い目の不調は、「目がショボショボして見えにくくなることが増えた」というもので、いわゆる眼精疲労です。

また夕方に視界がぼやけるという症状もありますが、これは目の老化が進行している証です。

老化が進行し老眼、白内障、緑内障などの目の病にならないよう、早めに対処することが大切です。

 

目の老化

眼精疲労のない20代の人の目は、涙で潤っていて濁りがありません。

でも40代以上になると、目の表面に黒ずみが出るようになります。

この黒ずみは、目の中の涙が減少している状態です。

涙の量は加齢により減少します。

60代では、なんと10代の約半分になってしまうそうです。

 

本来は、涙によって目の表面が潤い守られていますが、加齢で涙が減少すると目の表面は乾き始めてしまいます。

すると、物を見るときに潤っている部分と、乾いている部分を通る光にズレが生じ、ピントが合いにくくなってしまいます。

これが夕方などに目がショボショボし、見えにくくなる原因です。

 

眼精疲労を止める栄養素DHA・EPA

DHA・EPAは、眼精疲労などにも効果があることが分かってきました。

DHA・EPAを摂取すると、ムチンと呼ばれる物質を分泌する細胞が活性化します。

このムチンには、加齢で減少した涙を目の表面に留めてくれる効果があり、眼精疲労の防止につながるというのです。

アメリカで40代以上の3万人を調査した結果※では、DHA・EPAをあまり摂っていない人は、摂っている人よりも2.5倍眼精疲労を感じている人が多かったそうです。
※大規模疫学調査「ウイメンズ・ヘルス・スタディ」

 

DHA・EPAは青魚に多く含まれていますが、その中でもブリにはDHAが、サバの1.7倍の量が含まれています。

日本で一番多くブリを食べているのは富山県の人です。

富山湾で盛んなブリ漁ですが、特に冬には氷見の寒ブリが有名ですね。

富山の人は、ブリを丸ごと1本買って調理することも珍しくないそうです。

DHA・EPAは、特にブリの頭や目の周りに多いとのこと。

DHA・EPAは熱で溶けだすので、アラを使って味噌汁の出汁を取ったり、ブリ大根にすると大根に栄養素がしみ込むので、効率的に摂取できます。

 

 

 

ブリが食べられないときは?

ブリを頻繁に食べるのは、やはり富山という土地柄、身近な食材だからではないでしょうか。

ブリが好きでなかったり、手に入りにくい、高いなどで、思うように食べられないこともあると思います。

何か代わりになるものはないかと探していたときに見つけました!

目の潤いのためのサプリメントです。

目薬で有名なロート製薬さんの製品で、DHA・EPA配合!

これいいじゃん!
↓ ↓ ↓
目薬のロートから新提案!うるおって輝く毎日をサポートするティアグロス

 

 

DHA・EPAはすごいですね。

血液サラサラ効果や老化防止、薄毛や認知症、痩せるホルモンなど、とにかくありがたい栄養素です。

もちろん食品から摂るのが一番ですが、不足気味のときはサプリで補うのも1つの方法かもしれませんね。



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-美容・健康
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2019年6月
« 5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30