漫画

新婚だけど片想い|なかよし2月号17話・あらすじ&ネタバレ「もっと触りたい」

投稿日:2022年1月10日 更新日:

Renta!

 

なかよしで連載されている、雪森さくら先生の新連載「新婚だけど片想い」

2月号はカラーの扉絵で登場です!

第17話、どんな展開が待っているのでしょうか?



 

 

登場人物

■白井皐月
16歳の高校生。自他ともに認める才色兼備で、みんなに褒められる自分が大好きだが努力もしている。
家事も得意。実家は旧名家の家柄だが経済的に苦しく、親の都合で久遠と婚約することに。

■有栖川久遠(くおん)
17歳のイケメン天才棋士。父親はIT社長で裕福な家の息子だが、「家を継がず一生囲碁ができるならなんでもいい」という冷めた性格。
その塩対応さで皐月を悩ませている。「氷の王子」と呼ばれている。

■有栖川高貴(こうき)・・・久遠と母親違いの弟で、中学3年生の受験生。久遠のことは嫌っているように見える。
■しーちゃん・・・皐月の友達。
■エリナ・・・皐月の友達。
■秋山・・・しーちゃんやエリナと親しくしているメガネ男子。皐月にちょっかいを出してくる。
■菅原みこと五段・・・久遠の姉弟子で23歳
■椎名塁八段・・・久遠の兄弟子で21歳
■有栖川スミレ・・・久遠と高貴の母親
■中岡介光(すけみつ)九段・・・久遠たちの囲碁の師匠であり先生。
■飴屋(あめや)・・・皐月のクラス委員の男子。読者モデルをやっているほどの美少年。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

第16話おさらい

久遠は、対局のために3日間家を留守にします。

久遠が帰ってくる日、ごちそうを作ろうと思っていた皐月でしたが、38度の熱をだしてしまいます。

帰ってきた久遠は皐月をやさしく看病し、薬は久遠が口移しで飲ませたのでした。

熱で朦朧としている皐月は、夢と現実が曖昧になり、夢だと思い思い切り甘えます。

皐月は欲しいものを聞かれ「久遠くんって呼びたい」と言うと、「呼べばいいのに」と久遠。

「好きです」と言う皐月に「おれも好き」と返す久遠。

「なんか好きになるほど離れるのさみしいから、早く一緒に寝られるくらい仲良くなりたいな」と言った後、皐月はようやくこれは現実だと気づきます。

「もうろうとした病人にこんなこと言うのもなんだけど、おれだって結構我慢してるしあんただけなわけないでしょ。もっと触りたいって思ってんの」と久遠に言われ、皐月は真っ赤になるのでした。

『新婚だけど片想い』あらすじ&ネタバレ|なかよし1月号16話「いくら甘えてもいい」

 

 
タロット占い協会の無料講座で基本が学べる
女性のための無料タロット占い講座
 

 

第17話あらすじ

豹変する久遠

もっと触りたいと思っているのは、皐月だけじゃなくて自分もそうだと言った久遠。

まだ本調子じゃない皐月の手を握って激しくキスを始める久遠に「知らない人みたい」と思った皐月は「待って。ダメ・・・」と涙目に。

それを見た久遠はごめんと言い、頭を冷やしに部屋を出ていきます。

しかし久遠が出て行ってから皐月はドキドキが止まらず、真っ赤になってしまいおかしくなりそうと思っていました。

一方久遠も似たような感じでした。

こんな中で眠れるわけないと思っていた皐月でしたがいつの間にか眠っていて、汗もかいて全快していました。

汗が気持ち悪くシャワーを浴びることにした皐月でしたが、「昨日すごいこと言ったし言われてすごいことされた気がする」と思い返していました。

正直どこまでが夢で現実なのか分からなくなっていましたが、色々思い出して心臓が壊れそうな状態になっていました。



 

 

ぎこちない2人

一方久遠は一睡もできず、徹夜でネット碁をしていました。

さすがに休憩して寝ようとしたところ、お風呂上がりの上半身キャミソールの皐月とばったり会ってしまいます。

とりあえずドアを閉めてドア越しに、熱は下がったし昨日はありがとうと言う皐月でしたが、突然のことに皐月も久遠も混乱していました。

皐月は、服を着て「昨日のことは曖昧で、変なことしたり言ってたらごめんね」と謝ります。

久遠も「昨日はやりすぎた。熱もあったのにごめん」と謝っていました。

皐月が、むしろ謝るのは私の方で、とバスルームを出てくると突然顔を近づけてくる久遠。

しかしそれは熱が下がっているか手で確かめるためでした。

皐月の方はまた昨日のようなキスされるのかと思って、反射的に目をつぶっていました。

そしてそれを久遠に白状すると、なんだか目を合わせられないでいたのでした。

交代でシャワーを浴びに入った久遠は額に片手を置いて「殺す気か・・・」とため息。

一方皐月は赤面状態のまま。

急に久遠が色っぽく感じ、昨日はいろんなことを言ってしまったし、自分もあんなに熱っぽく見られていたなんてとベッドに寝転がるのでした。



 

 

皐月、実家に帰ることに

学校に行く日になっても上手く会話できない2人。

一緒に登校していて前を歩く男子生徒にぶつかりそうになる皐月を、久遠は慌てて抱きよせますが、皐月は久遠を見るなり引き離してしまいます。

ずっと久遠にドキドキしていたものの、あの一件以来何かが変わってしまった2人。

今更ながら皐月は、好きな男の人とひとつ屋根の下で暮らしてるんだなあと実感します。

一方久遠も皐月が好きで、触りたいって思ってくれていて、いてもたってもいられないような感情が生まれていました。

ギクシャクしたなか、久遠はしばらく実家に帰ると突然言いだします。

というのも「キスとかそれ以上しない」と言いつつ守れていないから。

皐月は「この間のは不可抗力だし、私が悪いし」と言いますが「熱ある人にやりすぎたし実際怖かったと思うし、自戒込めて反省しに帰る」と言うのです。

皐月はなんとか止めようと「怖がってないし勝手にドキドキしてたりむしろ好きだったからで」などと力説しますが、久遠はこういうこと言われると本当に手を出しそうになるからだめと言います。

久遠の意思は固く、もう荷物もまとめてあるとのこと。

そんな時、皐月の実家から「しばらくこっちに帰ってこれない?助けて」というメッセージがスマホに届きます。

状況はよく分かりませんが、久遠に「なんかむしろ私が実家帰らなきゃいけないかも」と言う皐月。

それは好都合と言わんばかりに「いってらっしゃい」と言う久遠に対し、突然の別居生活で皐月は涙目になるのでした。



 

 

作品データ

「新婚だけど片想い」
・作者:雪森さくら
・第17話:「もっと触りたい」
・掲載本:なかよし2月号掲載

 

■こちらもどうぞ

 

 
タロット占い協会の無料講座で基本が学べる
女性のための無料タロット占い講座
 

 

真面目な久遠の激しめのキス、ドキドキしました(^^;

せっかく新婚さんらしいラブラブな感じになったのに、ここで久遠の真面目さが邪魔をしてなかなか進展しないのが辛いところです。

実家に帰って反省するというのは久遠らしい・・・。

しかしどういうわけか皐月が実家に帰ることになりました。

「助けて」とはいったい何があったのか気になりますが、あんまり深刻なことじゃないといいなあと思います。

「新婚だけど片想い」次回はなかよし3月号(2月3日発売)に掲載です。



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-漫画
-, , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク