2019冬ドラマ

3年A組今から皆さんは人質です|視聴率一覧・感想まとめ・菅田将暉.永野芽郁出演

投稿日:2018年12月10日 更新日:

 

2019年1月スタートの冬ドラマ、「3年A組-今から皆さんは、人質です-」の視聴率や、ドラマをみた人の主な感想をまとめました。



 

 

放送日時

日曜ドラマ「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」
日本テレビ
毎週日曜日 夜10時30分

■スタート日
2019年1月6日(日)夜10時スタート
初回30分拡大

 

脚本

武藤将吾

主な作品
・ジョーカー 許されざる捜査官(2010年)
・家族ゲーム(2013年)
・怪盗 山猫(2016年、日本テレビ)
など

 

主な出演・キャスト

菅田将暉・・・柊一颯(ひいらぎいぶき)3年A組担任教師

田辺誠一・・・武智大和(3年B組担任)
堀田茜・・・森崎瑞希(アイドル教師)
神尾佑・・・坪井勝(水泳部顧問)
バッファロー吾郎A・・・佐久間現(学年主任)
ベンガル・・・市村浩一(校長)

永野芽郁・・・茅野さくら(かやのさくら)学級委員
生徒役には、川栄李奈、ドラマ「義母と娘のブルース」のみゆき役をつとめた上白石萌歌、「中学聖日記」で晶の同級生久重役の若林時英、「シグナル」の神尾楓珠など多数出演します。

椎名桔平・・・郡司真役(瀬々山署生活安全課少年係刑事)
細田善彦・・・宮城遼一(少年係の刑事)
大友康平・・・五十嵐徹(捜査一課刑事)
土村芳・・・相楽文香(謎の女性)
矢島健一・・・相楽孝彦(謎の男)

 

 

 

主題歌

「生きる」ザ・クロマニヨンズ
(HAPPYSONG RECORDS / Ariola Japan)

 

 

あらすじ

卒業式の10日前、3年A組の生徒29人は、担任の柊一颯によって人質にとられる。

数ヶ月前に自ら命を絶ったある生徒の死。

その真相を知るために、目を背けていた真実と向き合う、10日間の最後の授業を描く。

 

主な感想

ドラマを観た人の主な感想をまとめます。

第1話・1/6

・いじめのニュースを見るたびに感じる憤りを代弁してくれるようなドラマ。現実離れなところはあるし、このやり方が正しいかと言われると疑問だが、それでも共感するし、いじめた人たちが追い詰められるのは正直スカッとした

・ドラマの中の生徒は、現代に居そうな生徒像。自分のしたことが相手にどんな影響を与えるか想像力のない子や、人のせいにする子などに是非見てほしい

・今の若い子たちの考え方を本気で変えようとしてる感じがした

・今後の展開が単純に気になる、楽しみ

・このテンションで10話もつのか疑問

・人を殺した人に、そんなこと言われても説得力がない

・日曜の夜に観るには重すぎる、疲れるドラマ

前シーズンが「今日から俺は」だっただけに、余計に重さを感じるドラマかもしれません。

何を期待して観るかで、好き嫌いが分かれるかもしれませんね。

日曜の夜、気楽に観れるドラマではないので確かに疲れそうです(^^;

 

個人的な感想ですが、見ごたえのあるドラマだと思いました。

菅田将暉さん演じる柊先生の「変わるんだ」という言葉がこのドラマのテーマであり、全てを表現しているような気がしました。

生徒が一人殺されてしまいましたが、本当に殺しちゃったのかな?

何かトリックがあるようにも感じました。単なる願望かもしれませんが。

SNSで一人100円を集めるのにも、きっと「なるほど」と思わせてくれる意味があると期待しています。

 

第2話・1/13

・話が単調で少し退屈

・違法な手段で生徒を閉じ込めて、正論や正義を言われても心に響かない

・生徒全員でかかれば、先生1人くらい押さえられるのでは?

・このドラマを見て不愉快だと思う人は、いじめっ子かいじめを見て見ぬふりしていた人、このドラマの生徒に近い性格の人。きっと柊に共感している人は多いと思う

・賛否はあると思うが、このくらいやらないといじめる人は、いじめられる人のことを真面目に考えたりしない

・過去にいじめられた経験のある人にとっては痛快

・柊が生徒に投げた手は作り物。殺されたと思われている生徒(中尾)はきっと生きている

・柊の説教に対し「なんであんたに、そんな事言われなきゃならないの?」と宇佐美という生徒は言っていた。先生や親の説教に対し、こういうこと言う子普通にいそう。先生や親だから説教するのに、そんなことも分からず文句ばかり言う子がいる。人の言葉に耳も貸さない。だから状況はともかく「俺はお前の教師だからです。」という明確な言葉にスッキリした

・柊に隠されている謎、生徒の中尾がどうなっているのか、謎があって次回が楽しみ

・「悪の教典」「告白」「ソロモンの偽証」の学園ミステリーの要素をミックスしていいとこどりのように感じるが、メッセージ性のあるドラマ

 

■「3年A組」これまでの動画もHuluなら全部見られます!

まずは無料お試しで!無料期間中の解約ができます ⇒ Hulu

※2019年1月現在の情報です。現在配信しているかどうかは、公式サイトでご確認ください。

 

第3話・1/20

・2話までの展開とガラッと変わった。刑事とグルだったとは

・五十嵐刑事とのやり取りがコミカルで、教室での柊と対照的で面白い

・2話までは、悪意ある生徒たちを改心させるのが目的の、お説教っぽいドラマだと思っていたが、ちょっと風向きが変わってきた。次から次へと謎も出てきて次回も見逃せない

・今日選ばれた生徒5人。一人は立候補していたけど、他の4人が選ばれたのにはきっと何か意味があるのだと思うが、全く分からない

・生徒の中尾はやっぱり殺されてはいなかった

・2話までは重苦しくて、観るのが疲れる感じだったが、娯楽ドラマとして楽しみになってきた

・未だ柊の目的や意図が分からず、今後の展開が全く予想できない

・もしかして「死刑台の72時間」似たストーリではないだろうか?

・柊は何か薬?を飲んでいる?もしかして死期が近いとか?

・武智先生(田辺誠一)まで共犯者に見えてきた

 

第4話・1/27

・リアリティがなくてストーリーに入り込めない

・柊が倒れたので脱出できる。もしそれができないとしたら、生徒はみな柊に洗脳されてしまったのでは?

・柊はやっぱり病気なのだろう。余命があるから今回の計画を実行することにしたのだと思う

・柊がなんのために生徒を人質にとっているのか分からない

・澪奈は、男子生徒にまで嫉妬される存在だった。人の心には悪魔がすんでいると改めて思う

・ラスボスはいったい誰なのか?ますます面白くなってきた

・犯人を捜しているのかもしれないけど、今回は友情や自分の弱さをさらけ出すことなど、毎回他にもメッセージが描かれている

 

第5話・2/3

・続きが気になるドラマ

・黒幕は本当に先生なのか?もっと別のものかもしれない気がする

・黒幕が先生というのは、意外性はなかった

・キャラからして武智先生だけは、黒幕ではないと思う

・意外と武智先生が黒幕???

・警察が捕まえられない犯人ということは、警察関係者が絡んでいる?警察関係者が犯人なら五十嵐が協力者なのも頷けるかも

・緊張感のある見ごたえのある回だった

・諏訪に対する「お前は間違っていない」は違うと思う。失敗や間違いは誰にでもある。だから後悔もするわけで、反省して肥やしにしてやり直せばいい。でも間違っていなかったら後悔もしないし、やり直す必要もなくなってしまうのでは? ポイントがずれている気がして説得力に欠ける

・「恥もかかずに強くなれると思うな!」はよかった。響いた



 

 

第6話・2/10

・柊先生は、生徒たちに自分で考えて行動することを伝えたいのだと思う

・何となく観ていたが、意外に重いテーマだった。いろいろなことを考え感じさせられるドラマだ

・今のネット社会にありがちな失敗を気づかせようとしていると思う。若者に大切な事を語りかけているので若者にこそ観て欲しい

・ネット社会では匿名で投稿できるので無責任な投稿が多いと思う。自分の投稿でその後どうなるか想像力が欠けている。コメント一つで人を傷つけ人を陥れてしまうことに気づいて欲しい。柊の生徒に対する言葉は胸に響く

・「上っ面だけで判断するな」というのは分かるが、元水泳部の水越が考える余地があったかどうかには同情する。病気のことも伏せられたままで、坪井先生の言い方に傷ついたと思う

・命にかかわる病気なのに、親が説明しないのは変だと思う。体育の授業でも負担になる運動があるのでは?知らないで全力投球したら危ないのでは?

・最近のバイトで問題の動画を思い浮かべた。だから柊の言葉につくづくそうだと思った

・武智先生が黒幕だったら意外性がない

・景山澪奈は死んでいないような気がする。本当の黒幕をあぶりだすために親了承のもと匿われているのでは?

・柊はヒーローではなく、本当のヒーローを担ぎ出すために悪役に徹しているのではないかと思った

・「レッツ スィンク」が胸に響く。上辺に惑わされず、本質を見極めるがいかに大切かを描いた回だと思う

・柊が女生徒の水越の胸ぐらをつかむシーンは怖かった

・まだまだ二転三転しそうな予感。結末が楽しみ

・メガネが信じる信じないの合図だったとは。次回からそこをポイントに観ればドキドキしない?

・大人が子供に伝えなければいけないことを描いていると思う。自分の感情一つで、他人の社会的立場を潰して生活を困難にする。人生を終わらせる。そんなこと、本当なら許されないはずなのに、今は誰でも可能。危機感が足りない。今だからこそ必要なドラマだと思う

 

メッセージ性が強いドラマだと思います。

最近ワイドショーをにぎわせるSNSの炎上や、深く考えず投稿するコメントや動画に対して一石を投じているのだと思います。

またそれをみたり読んだりする側の姿勢も問われているような気がします。

根拠なく誰かが適当に投稿した内容を信じて炎上させてしまう、対象者を追い詰めてしまう。

自分で考えて取捨選択する力を養えということを伝えたいのかなと思いました。

 

第7話・2/17

・自殺現場のビルに入る動画、あれは本当に澪奈なのか?持ち物だけでは特定できない

・武智先生の目線からの歪みはなんだったのか?

・五十嵐はなぜ柊とグルなのか?

・今日のメインの女子生徒魚住は、人の心の痛みが分かる。きっといいお米屋さんになる

・文香の父親と柊が組んでいるのはなぜか?

・柊は、誰が何をしたのか全て知っていると思う。こんな犯罪を犯してお説教するのではなく、他に方法がなかったのか?

・毎回お説教と生徒が懺悔というワンパターン

・武智の推薦で入った9割が1年で辞めるというが、チャンスをもらえたのは決して悪くないと思う

・リアリティーのないドラマだからハチャメチャでもいい。犯人は誰?最後が気になる

 

第8話・2/24

・高校生がフェイク動画を見破っているのに、警察は何をしているのだろう?

・柊の飛び降りのシーンは夢だったと分かってよかった

・柊がフェイク動画まで作って何をしようとしているか分からない

・急に戦隊ものになった?一気にチープな展開になった

・原作が漫画ではないけど、漫画っぽい

・リアリティーを求めていないので面白い

 

第9話・3/3

・犯人はネット社会?ガッカリしてしまうので、それだけはやめて欲しい

・2ヶ所も口パクで引っ張ている感が否めないけど、来週が楽しみ

・平成も終わりだからこその問題提起で意義あるドラマだと思う

・教育を描いているドラマだと思う

・自分の頭、心で考える大切さを訴えている

・さくらは澪奈を殺したのは自分だと言っているが、本当に殺したのなら冒頭の同窓会?(柊の3回忌)には来ない。自殺に追いやったという意味で、さくらは自分を責めているということだと思う

・澪奈は自殺で、自殺に追いやった犯人は世間では?さくらは自分のせいだと思っているようだが、その思いを救うためにも、さくらだけの責任ではないことを証明する必要があったのではないか

・卒業式は3月10日? 放送日も3月10日



 

 

第10話・3/10

・方法はどうであれ、柊先生の伝えたかったことは最後までブレなかった。心に残った

・SNSの正しい使い方の授業だった。現代を生きる若者はSNSに振り回されて大変だと思う

・SNSを利用している人たちに、本当に響いて欲しい内容だった

・いろいろ考えさせられる良いドラマだった。SNSだけでなくメディアや日常でも言葉は凶器になる。でも本当に響いて欲しい人には届いていないと思う。匿名だし誹謗中傷はなくならないだろう

・ネットは匿名だし批判するのは簡単。ストレス発散にもなるのだろう。自分が発信する言葉に責任を持てと言っても響かない人は多いだろう

・何が人を傷つけるか想像力が大切。今は想像力のかけている人が多い

・正義とは?本質は?物事を多角的にみるといろいろな意見が出てくる。主観で物事をとらえると危険

・あり得ないとか、つじつまが合わないとかは些細な事。そもそもドラマだし。何を伝えようとしているのかを理解する方が大切。でもそれが伝わらない、分からない人が多い

・伝えたいことは想像していた通りだった

・手法はどうあれ、ネット社会に一石を投じた内容には価値があったと思う

・良いドラマだったし、伝わった人には伝わったと思う。でも人は簡単には変わらない。だからこそ柊先生が言ったように「一人でもいいから」という言葉に共感した

・今の世の中、最大の権力者はネット民かもしれない。みなネットの書き込みや評判を気にしている。でもネットは匿名だしいくらでもウソが流せる。それを信じた人たちによって世論がつくられる。考えてみれば恐ろしい

 

「3年A組」オリジナルストーリーも配信!

まずは無料お試しで!無料期間中の解約ができます ⇒ Hulu

※2019年6月現在の情報です。現在配信しているかどうかは、公式サイトでご確認ください。

 

平均視聴率

関東ビデオリサーチ調べ、速報値です。

第1話・1/6:10.2% ※30分拡大

第2話・1/13:10.6%

第3話・1/20:11.0%

第4話・1/27:9.3%

第5話・2/3:10.4%

第6話・2/10:11.7%

第7話・2/17:11.9%

第8話・2/24:12.0%

第9話・3/3:12.9%

第10話・3/10:15.4% ※最終回

全話平均:11.5%

※全話平均は、各放送回の視聴率を単純に平均したものです。

 

 

高校時代に、実際に教師を目指していたことがあったという菅田将暉さん。

いつか教師を演じたいと思っていたとのこと。

念願の教師役で熱演でした。

賛否両論ありましたが、ネット社会に一石を投じたドラマだったのではないでしょうか?

 

次のこの枠は、秋元康さん企画、原案の「あなたの番です」というミステリーです。

こちらは2クール続けて放送ということで、また新たな挑戦という感じですね。

あなたの番です|視聴率一覧・感想まとめ(随時更新)2019春ドラマ.原田知世.田中圭

こちらも視聴率をチェックしていきます。



 

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2019冬ドラマ
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年7月
« 6月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031