2019冬ドラマ

スキャンダル専門弁護士QUEEN|視聴率一覧・感想まとめ(随時更新)竹内結子

投稿日:2018年12月10日 更新日:

 

QUEENカメラ

 

2019年1月スタートの冬ドラマ、「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」の視聴率や、ドラマをみた人の主な感想をまとめています。



 

 

放送日時

フジテレビ
「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」
毎週木曜日 夜10時~

■スタート日
2019年1月10日(木)夜10時スタート
初回15分拡大

 

脚本

倉光泰子

主な作品
・ラヴソング
・刑事ゆがみ
など

 

主な出演・キャスト

竹内結子・・・氷見 江
水川あさみ・・・与田知恵
中川大志・・・藤枝修二
泉里香・・・東堂裕子
バカリズム・・・鈴木太郎
斉藤由貴・・・真野聖子

 

 

主題歌

主題歌:YUKI
オープニングテーマ:新人シンガーソングライターのmilet(ミレイ)
劇伴:SOIL&”PIMP”SESSIONS(ソイル・アンド・ピンプ・セッションズ)



 

 

あらすじ

危機管理専門の弁護士・氷見江(ひみ・こう 竹内結子)は、天才トラブルシューター。今まで社会的窮地にいるクライアントを99.9%の確率で救ってきた。

「危機にある女性の最後の砦」という信念を持ち、崖っぷちにいる女性を危機から救うために、絶対に諦めずに立ち向かう姿を描く。

 

主な感想

ドラマを観た人の主な感想です。

第1話・1/10

・題材としてはタイムリーで面白かった

・弁護士のチームワークは良かった

・顔ぶれが豪華で普通に楽しめた

・気軽に楽しめる内容。ながら見するにはちょうど良い

・初回にアイドルネタは少し陳腐。パッとしなかった

・テンポがイマイチで新鮮味もなかった

・今回みた限りでは、弁護士の必要性を感じなかった。スキャンダル専門のコンサルタントという感じ。今後に期待

・詰め込み過ぎ?面白いのかつまらないのか分からない

・真相を見ても納得感や意外性が感じられなかった。アイドルは誰でも簡単になれるものではないと思う。トップアイドルになっている彼女達には覚悟があったと思うが、その覚悟が感じられなかった。LGBTの彼女がアイドルになっているのも、問題を起こして首になろうとしていうのも、中途半端な感じがして入り込めなかった

・解散できなかった理由に違約金があったと思うが、賄賂、脱税、横領、不正献金で口止めってこと?意外性のない解決方法でガッカリ。爽快感もなかった

 

第2話・1/17

・なんでだろう、引き込まれない

・テンポが悪い

・ストーリーにメリハリがない

・ニヤニヤしながら仕事するキャラにイライラする

・キャストがいい

・オープニングのmiletがいい

 

平均視聴率

関東ビデオリサーチ調べ、速報値です。

第1話・1/10:9.3% ※15分拡大

第2話・1/17:5.8%

 

 

「情報を自分の有利な方向へ仕向ける特別な技術を持つ」“スピン・ドクター”を日本で初めて題材にしたドラマとのことです。

もしも本当に氷見江のような凄腕の人がいたら、助かった芸能人は沢山いたのでしょうね(^^;

氷見江は、特に女性の味方ということですが、どんな風にクライアントを救うのか?

最後はスカッとして終わるのか?

日本で初めての題材ということで、楽しみです。



 

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2019冬ドラマ
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


FODロゴ

2019年1月
« 12月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。