2019夏ドラマ

ヘブンHeaven?ご苦楽レストラン|視聴率一覧&感想まとめ・2019夏ドラマ

投稿日:2019年6月13日 更新日:

 

ヘブンご苦楽レストラン料理

 

2019年7月スタートの夏ドラマ、TBSテレビの火曜日は、石原さとみさん主演の『Heaven?~ご苦楽レストラン~』。

視聴率や、ドラマをみた人の主な感想をまとめています。



 

 

放送日時

TBSテレビ
「ヘブンHeaven?~ご苦楽レストラン~」
毎週火曜日 夜10時~11時7分

■スタート日
7月9日(火)夜10時~11時7分

 

原作

佐々木倫子「Heaven? ご苦楽レストラン」
(小学館ビッグスピリッツコミックス刊)

 

 

脚本

吉田恵里香

主な作品
・男水!
・花のち晴れ〜花男 Next Season〜
ほか

 

主な出演・キャスト

石原さとみ・・・黒須仮名子(くろす かなこ)
福士蒼汰・・・伊賀 観(いが かん)
志尊 淳・・・川合太一(かわい たいち)
田口浩正・・・鱸 克雄(すずき かつお)
内田 慈・・・和田英代(わだ ひでよ)
大重わたる・・・月川陽平(つきかわ ようへい)
松本ししまる・・・高遠大地(たかとお だいち)

勝村政信・・・堤 計太郎(つつみ けいたろう)
矢柴俊博・・・小枝 繁(こえだ しげる)
上田 遥・・・幹 みのり(みき みのり)
段田安則・・・小澤幸應(おざわ ゆきお)
岸部一徳・・・山縣重臣(やまがた しげおみ)

 

 

主題歌

あいみょん「真夏の夜の匂いがする」
(unBORDE/Warner Music Japan)
2019年7月24日(水)リリース

 

ドラマ概要

黒須仮名子(石原さとみ)は、フレンチレストラン「ロワン・ディシー」のオーナーなのだが、店を繁盛させる気はない。

「心ゆくままにお酒と食事を楽しみたい」という自分の欲求を叶えるためだけに店を開いた“超変わり者”。

この店は「オーナーの、オーナーによる、オーナーのための店」なのである。

「ロワン・ディシー」の店長は、前職は牛丼屋という堤 計太郎(勝村政信)。

シェフの小澤幸應(段田安則)は、三ツ星レストランに勤めた経験のある天才だが、人に言えない秘密を抱えている。

伊賀観(福士蒼汰)は、営業スマイルができないウェイター。

そのウェイターをアシストするのは、前職は美容師見習いという、飲食店経験ゼロの川合太一(志尊淳)。

そしてソムリエは、元銀行員の山縣重臣(岸部一徳)だ。

この、個性あふれる面々が、オーナーの仮名子に翻弄されるコメディー。



 

 

主な感想

ドラマを観た人の主な感想です。

第1話・7/9

・面白かった

・気軽に見れそう

・コメディーだけどあまり笑えなかった。アンナチュラルの続編がよかった

・「諦観」「諦観」とクドイ

・演出が独特で空回り感がある

・石原さとみさんのキャラがいつも同じでつまらない

・石原さとみさんのファッションショーのようだった

・石原さとみさんの衣装やメイクなど楽しみ

・素人集団のお店に魅力を感じられなかった

・原作を知っているがドラマはイマイチだった。原作の雰囲気が独特なので、そもそも実写化が難しいのだと思う

・原作はとぼけたコミカルさがあり、オーナーはもっと豪快な感じ。石原さとみさんのキャラクターがあっていない感じがする。原作の面白さが伝わらず残念

・石原さとみさんのオーナーもよかったと思う

・ヘブンは結構前のマンガだから懐かしくみた

・赤ワインが飲みたくなった

・少しくらい適当でも何とかなるさと思うのも良いかもと思った

・個性豊かなキャスティングがいい。これから面白くなりそう。楽しんで観たい

・まだ初回なので、今後に期待

 

第2話・7/16

・外食したい気にさせられる

・オーナーの食べる姿が美味しそう

・フレンチにワインが飲みたくなった

・シェフの塩分の増減のくだりがくどすぎて、原作の面白さを出せていない

・美味しそうな料理にテンポのよいコミカルな雰囲気で、これからも楽しみ

・脚本なのか演出なのか、折角よい役者さんが出ているのに面白くない

・キャラがバカっぽくて魅力がない

・自由奔放なオーナーに振り回されるけど、最後はハッピーエンドで終わるからストレスがなくていい。気軽に楽しくみれる

・原作は映像では表現しにくい独特の雰囲気がある。ドラマも頑張っていると思うが、別物として楽しむ方がよさそう

 

スポンサーリンク

 

第3話・7/23

・オーナーの勝手な性格は好感が持てないのに、似た者同士の観の母親と並べたら、なんだか愛おしく感じた

・いつもトラブルばかりのレストラン。見飽きなくて楽しく観れる

・原作の面白さを変えてしまっていて残念

・川合くんのキャラがウザすぎる

・コメディードラマと分かっていてもイライラする。みていてしんどい。なんでだろう?

・鶴見辰吾さんの気配を消せるお父さんウケた!確かに最初のアンポンタンの電話予約は二人だった。面白かった

・見終わって感動とかはないが、何も考えず「諦観」して気軽にみると面白いドラマ

 

第4話・7/30

・だんだん面白くなってきた

・ありがちないい話で終わらせないとこが好き

・料理長が何気に塩分フルだったりとか細かい演出が楽しい

・川合くんのおバカキャラが苦手だったけど、いないと寂しくなってきた

・周りを振り回すオーナーには、イライラさせられるけど、彼女に反省とか後悔とかは似合わないので、このまま突っ走って欲しい

・原作はおもしろかったが、ラストはちょっと失速した感がある。ドラマのラストは変えて欲しい

・オーナーの服がいつも素敵。でも豪華すぎて手が出ない

・オーナーの正体は予想がついたけど面白かった

 

スポンサーリンク

 

第5話・8/6

・川合くんがあんまりひどすぎる。コメディーと分かっていても、サービス業がバカにされている気がしてしまう

・料理に関わっているが、あまりにもひどくてバカにしている

・原作ファンだが、原作に忠実で面白く見ている。原作を知らない人にはあり得なくて見ていられないだろう

・川合くんは原作のイメージのままだと思う

・志尊淳さん、いい俳優さんだと思うので、川合くん役が気の毒

・川合くん役を振り切って演じている志尊淳さんを評価したい

・たぶん原作は面白いのだろうが現実味がなさ過ぎて、観ていてしんどい

・全然成長しない川合くんを切れない伊賀くんが、人間味があっていい

・今回はオーナーがまともだったのでイラっとしなかった

・だんだん面白くなってきた

 

第6話・8/13

・オーナーのつかみどころのないキャラクターがやっと面白く観れるようになってきた

・石原さとみさんのオーナー役、合っているし面白いと思う

・何も考えずに気楽にみれて、時々クスッと笑って癒されている

・川合君のキャラはやっぱり受け付けない

・フランス料理店で、箸はNG?最近は特に年配の人など、頼めば箸は出てくると思う

・バースデープレートもお箸もいいサービスだと思う

・そもそも原作がハチャメチャ。高飛車なオーナーも、失敗ばっかりの川合君も原作に忠実なだけでいい味出していると思う

・今回の話、意外と参考になった。お客様に寄り添うのは大切だけど、全て対応するのは難しい

・良い店というのは、客の良し悪しも関係あると思う。お店としてのあり方も大事。ホスピタリティだけでは理想のお店にはならなかった。勉強になった

・店長は牛丼店ではエリートだった。常により上を期待されるし、それに応えていた。ずっと登るしかないのは疲れる。オーナーにそれ以上求めないと言われ店長はホッとしたのだと思う

・採算が合えばそれ以上と欲張らなくてもいい、ゆるくていい。そんな職場が羨ましい

・いつもお料理が美味しそうだけど、今回は牛丼が食べたくなった

 

スポンサーリンク

 

第7話・8/20

・加賀まりこさんがカッコよかった。さすがという感じ

・絶対に必要なものだけしかない世の中は余裕がなくて苦しい。無くても済むかもしれないものがあること、それを楽しむことができる世の中は幸せだと思う

・今までで一番観やすい回だった。オーナーの自己中が功を奏したところもあり、振り回されすぎず、川合くんの出番がホドホドで、最後加賀まりこさんの「楽しい夜をありがとう」が素敵だったからかな。面白くて楽しめた

・香宮のオーナーをモデルにしたマンガは笑えた

・週刊バイブスは重版出来、「キター!」は仮面ライダーフォーゼのパロディ。小ネタも面白かった

・幽体離脱の演出も気にならなくなり、楽しめるようになった

 

第8話・8/27

・シニカルでブラックな会話が面白い

・きつくてしんどいドラマが多い中、ゆるくて自由な感じが癒されていい

・誰も不幸にならないから好き

・オーナーの服や小物が可愛くて気になる

・オーナーの言葉は押しつけがましくなくて、心に響くときがある

・伊賀君、お母さんが出てきたときはどうなるかと思ったけど、今回はちゃんと試験が受けられてよかった

・伊賀君、苦手を克服できてよかった

・伊賀君のお母さんが、カホコのお母さんとダブる。子供を私物化、子供の人生に悪影響を与える、周りを振り回す、自己中。苦手なタイプの人

・伊賀君のお母さんに付き合った川合君の目が死んでいた。恐るべし伊賀君母

・川合くんのうるささが半減でちょうどよかった

・同族嫌悪が笑えた。川合くんもそんな言葉知っていたのね

・このドラマを観ていると、無性にフレンチが食べたくなる

・岸部さんの一人二役、面白かった

・横澤夏子さんも平泉成さんも、いい味だして面白い役だった

・原作にあるオーナーが森でシェフと対決するエピソードと、北海道に蟹を食べに行くエピソードがみたい

 

第9話・9/3

・カロリーの低いものは美味しくない!がウケた

・オーナーが居ないと分かっている日の、気持ちの穏やかな事!みんなの伸びやかな表情が良かった

・不機嫌MAXなオーナーが、シェフのお料理を食べて、幸せな表情になったのは素敵だった

・経営コンサルタントとの対決、面白かった

・ただただ美味しいものが食べたいという自分ファーストが揺らぐ事のない信念。自分に正直である意味とても純粋な人

・オーナーのハートの強さを尊敬する。大好き

・フッと笑えて、マッタリ気分で観れて好きなドラマ。来週で見納めかと思うと寂しい

・最後、伊賀くん母がきてまさかの展開にビックリ

・「ロワン・ディシー」はどうなってしまうのか?

 

最終話:9/10

・医療系や刑事系、ドロドロした恋愛など、そういうドラマではなくてふわ~っと観れる不思議なドラマだった。こういうのも必要だと思う

・毎週楽しみにしていた。最後詰め込み過ぎ感があり不完全燃焼かな

・ほぼ原作通りなのに漫画の面白さは再現できていなくて残念。世界観が出来上がってる漫画原作のドラマ化は難しいなーと感じた

・ほぼ原作に忠実に作られていたことに、作り手側の原作へのリスペクトを感じた。最初は演出やキャラクターイメージに違和感があったが、だんだんドラマならではの面白さを楽しめることができた

・オーナーの美味しいものを美味しそうに食べて、美味しいワインを美味しそうに飲んで、食べっぷりが気持ちよかった

・謎の紳士の正体が伊賀君だったとは、驚くとともに想像していなかった分楽しめた

・最後、猛獣使いなんて、ナイスなネーミング

・引き際もが鮮や、潔く清々しく気分が良かった



 

 

平均視聴率

関東ビデオリサーチ調べ、速報値を更新していきます。

第1話・7/9:10.8%

第2話・7/16:9.2%

第3話・7/23:8.7%

第4話・7/30:10.0%

第5話・8/6:7.8%

第6話・8/13:7.5%

第7話・8/20:8.1%

第8話・8/27:7.5%

第9話・9/3:8.5%

最終話・9/10:8.7%

全話平均:8.7%

※全話平均は、各放送回の視聴率を単純に平均したものです。

 

■スピンオフドラマ配信中!

Paraviでは、石原さとみさんを始め、豪華俳優陣が出演しているオリジナルスピンオフドラマを配信中です。

原作漫画のエピソードから、完全オリジナルのエピソードまでコメディーです。

スピンオフドラマは、毎週火曜のドラマ本編の放送終了後に新作を配信しています。

 

 

 

好きな人は好き、ダメな人はダメ、というドラマでした。

個人的には、めちゃくちゃ面白いというわけではないですが、気軽に観れてよかったです。

食事が美味しそうで、美味しいものを食べることに全力を注いているオーナーをみていると、細かいことはまぁいいかと思えてきました(^^;)

そして、美味しいものが食べたいなぁと思うのでした。



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2019夏ドラマ
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年12月
« 11月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031