2019夏ドラマ

ボイス 110緊急指令室|視聴率一覧&感想まとめ・2019夏ドラマ.唐沢寿明

投稿日:2019年6月13日 更新日:

 

ボイス

 

2019年7月スタートの夏ドラマ、日本テレビの土曜日は、唐沢寿明さん主演の『ボイス 110緊急指令室』です。

『ボイス』の視聴率や、ドラマをみた人の主な感想をまとめています。



 

 

放送日時

日本テレビ
「ボイス 110緊急指令室」
毎週土曜日 夜10時~

■スタート日
7月13日(土)夜10時~

 

原作

“Based on the series “Voice”, produced and distributed by Studio Dragon Corporation and CJ ENM Co.,Ltd”

韓国ドラマのリメイクです。

 

脚本

浜田秀哉

主な作品
・Chef ~三ツ星の給食~
・絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(Season3)
ほか

 

主な出演・キャスト

唐沢寿明・・・樋口彰吾(東署ECU緊急出動班・班長)
真木よう子・・・橘ひかり(港東署ECU・室長)
増田貴久・・・石川透(港東署ECU緊急出動班・捜査員)
木村祐一・・・沖原隆志(港東署・強行犯係・係長)
石橋菜津美・・・森下栞(県警本部・通訳センター勤務)
田村健太郎・・・緒方拓海(ECU情報分析担当)
安井順平・・・落合智明(港東署ECU・副室長)
小市慢太郎・・・田所賢一(港東警察署・署長)
矢作穂香・・・森下 葵(森下栞の妹)
YOU・・・森下志津(森下姉妹の叔母・居酒屋店主)
菊池桃子・・・樋口未希(樋口の妻)

 

 

主題歌

BLUE ENCOUNT『バッドパラドックス』(キューンミュージック)
2019年9月11日(水)リリース

 

ドラマあらすじ

樋口彰吾(唐沢寿明)は、かつては凄腕の刑事だった。

だが、妻を殺され、愛する人を守れなかった悲しみから、酒浸りの日々を送っていた。

そんな時、緊急指令室に新たな捜査ユニットECU(Emergency Call Unit)が発足し、樋口もそのメンバーとして招集される。

ECU室長の橘ひかりは、かすかな音も聞き分ける声紋分析官、ボイスプロファイラーである。

ひかりは樋口の妻の事件当時、緊急指令室に勤務しており、樋口の妻の電話通報を受けていたが救うことができなかった。

そして警官だったひかりの父親も、樋口の妻を殺した犯人に撲殺されていた。

愛する人を失った悲しみと、癒えない傷から復讐に燃える樋口と、電話で通報してきた樋口の妻を救えなかった失意と悔しさに苛まれるひかり。

「声」を手掛かりに事件を解決していく中で、愛する家族を殺害した「真犯人」も突き止めていく。



 

 

主な感想

ドラマを観た人の主な感想です。

第1話・7/13

・真木よう子さんの滑舌が悪い

・暴力シーンが多くて長い。怖いし、みているのが辛くなる

・女性をリンチするシーンがつづき、終わらずに次回に続くなんてキツイ。助けてあげて1話で解決して欲しい

・韓国ドラマ特有のイライラする展開。残酷でみているのがしんどい

・あそこまでの描写が必要なのか?

・犯人が怖すぎる

・1秒でも早く被害者にたどり着かなければならないのに、現場に向かったのが2人だけ?

・ハラハラドキドキで早く続きがみたい

・被害者が殺される前に居場所にたどり着き、被害者を救えるかどうかというギリギリの時間との攻防が緊迫感があって面白い

・緊急指令室の入電通話をその場で分析・判断というのは、新しい視点で面白い

暴力シーンが多くて、もう観ないという方もいますね。

はい、私も怖かったです。

せめて1話の最後では、萩原夏美(吉川愛)さんが助けられるシーンが観たかったです。

 

第2話・7/20

・韓国ドラマは殺害方法や凶器が残酷で日本人には無理がある

・韓国の上層部の人間は、事実の隠蔽が日常茶飯事だからこんなドラマができるのだろう

・また警察内部に悪い人がいるというパターンか

・いい加減韓国ドラマのリメイクはやめたらどうだろう?

・見ごたえはあるが、好き嫌いが別れるドラマだと思う

・真木よう子さん、歯並びを治したら滑舌がよくなるかも?

・橘と樋口が3年前の事件の真実をやっと共有できそう。樋口がナカナカ話を聞かないからイライラした

・犯人役は伊勢谷友介さんでは?

・短時間での事件解決という設定はハラハラ感が増幅され面白い

・怖いけどみてしまう

・テンポがよく緊迫感があり1時間があっという間

・暴力的なシーンが多くてやっぱり今回でリタイア

・橘はそんなに耳がいいのなら、普段の生活も騒々しくて大変だろう

 

スポンサーリンク

 

第3話・7/27

・警察ドラマではアクションは定番ですが、声というキーワードが絡んでいて毎回楽しみ

・警察のまぬけさに突っ込み入れながら観ている

・1分1秒を争う事件なのに、なぜいつも現場に向かうのは樋口刑事含め1、2名なの?

・あそこまで追い詰めておいて何度も取り逃がすなんて、助かる命も助からない

・樋口刑事も橘室長も一人で行動するから事件が解決しない

・樋口刑事も橘室長もスキがありすぎ

・橘室長は刃物で襲われているのだから、手か足を狙って撃ってもいいのでは?

・あれだけ聴こえる地獄耳なのに、背後から忍び寄る足音や、ナイフを抜く音は聞こえなかった?

・刑事、警察の対応がトロ過ぎてイライラする

・最後、樋口刑事はなぜタイヤに発砲しなかったのか?街中ではないのだから、撃てたはず

・スコップで穴を埋めていたのを見てたのに、なぜ室長は車の中?

 

第4話・8/3

・警察はどうしてこうも無能なのか?観ていてイライラする

・単独行動でピンチ、ちょっと目を離してピンチ、ちょっと考えれば回避できる注意を怠ってピンチ、気づくのが遅れてピンチ・・・わざと隙を作っているとしか思えない

・最近の警察の失態をそのままドラマにしているんですよね?

・こんな凶悪犯罪が起きているのに、合同捜査本部とか立ち上がらないの?

・手錠のカギを車の中に落としてる警察って???

・電話がかかってきたとはいえ、犯人を独りにするなんて信じられない

・刑事同士の足の引っ張りあいは観ていて不愉快

・キム兄は単にECUを潰したいだけ?それとも犯罪に加担?

・韓国のドラマをそのままコピーだと違和感だらけ。日本向けにアレンジして欲しい

 

スポンサーリンク

 

第5話・8/10

・緊迫したシーンでも、真木よう子さんの滑舌がひどすぎて気になってしまう

・毎回毎回イライラするドラマ

・子供にあんなにしゃべらせたら、母親に聞こえると思う

・現場に到着した警官は何人かいるのに、どうしていつも一人で行動するのか?犯人の父親が、樋口刑事を殺害しようとするのを誰も気づかないって変

・毎回、新しい犯罪を教えているような感じがする。悪人がマネしないか心配になる。気分の悪くなるドラマ、もう放送をやめて欲しい

・途中で黒幕と展開が読めた

・いつも惨忍だけど、今回は子供が被害者。苦しくて観ていられなかった

・携帯持って隠れて、見つかるか見つからないかヒヤヒヤ。最初は場所が違って空振り。ギリギリで何とか間に合う。毎回同じパターン

・感情移入しやすくて面白い

・ボイスに何とか結び付けようとしているので無理がありすぎ

 

第6話・8/17

・橘ひかりは、あの滑舌ではコールセンターには向かない

・室長は無理に早口でしゃべらなくてもいいので、聞きとれるように話して欲しい

・真木よう子さんの滑舌が気になって、ストーリーが入ってこない

・真木よう子さんはアクションもできるので、室長の役ではなく樋口と一緒に犯人を追う刑事役の方がよかったのでは?

・犯人はやっぱり伊勢谷友介だった

・殴り合い、裏切り、全編惨忍な暴力シーン。この手のリメイクはもうお腹いっぱい

・ツッコミどころはあるけれど、犯人も分かってストーリーは面白くなってきた

 

スポンサーリンク

 

第7話・8/31

・伊勢谷友介さんが出てからより緊張感が出てきた。やっぱりいい役者さんだと思う

・こういうドラマは悪い奴が本当に憎たらしく感じる方が面白い。伊勢谷友介さんは頭が切れて、冷酷なサイコパスの殺人鬼にハマっていて存在感抜群に感じる

・伊勢谷友介さんが鉄アレイをコレクションして眺めている姿に、ぞっとした

・上杉渉が殺されるのは読めたが、喋り方や足のビッコは弟の本郷雫にやられた後遺症だとは恐ろしい

・韓国版が面白かったので、日本版も観ている。原作に忠実な所と日本向けに変えている所を見比べながら、それなりに楽しんで観ている

・韓国版は知らないが面白い

・真木よう子さんの演技は好きだが、滑舌はやっぱり気になる。他の役者さんは聞き取りやすいのにと思ってしまう

・真木よう子さんのセリフは、字幕がないと分からない。好きな女優さんだけに残念

・正義は金で買えるって、さすが原作が韓国

・このドラマ観ていると、警察に助けを求めてもムダだと思ってしまう

・ストーリーは面白いが、鉄アレイで殴り殺すって残酷すぎる。やっぱり韓国原作

 

第8話・9/7

・真犯人と樋口の対峙に熱狂した

・韓国原作は、日本の警察になじまない。あまりにも感情的に動く警察官ばかり。日本はこんなにおかしな人達の集まりではない

・不審死なのに司法解剖もなく、自殺と断定するのっておかしい

・ますます突っ込みどころが多くなってきた。最初はひどいと思っていたが、だんだん楽しくなってきた

・間合いの狭い包丁を持って部屋をとびだすとは素人?

・鍵開けて部屋を出て行くって・・・

・チンピラみたいな特捜の検事がチンピラみたいだった

・いつもは怖いけど、今日は格別に怖かった

・今話題の上級国民問題を取り入れていて興味深かった

・もしかして石川刑事が内通者?

 

スポンサーリンク

 

第9話・9/14

・モンスターは雫だけかと思っていたら父親も同じ

・透に突き飛ばされた人が串刺しになるなど、このドラマは本当に残酷

・伊勢谷さんの雫が本当に怖い

・トンネルの内の場面は、懐中電灯だけでは暗くて一寸先が見えないという設定にすると、声だけが頼りという話になってもっと面白かったと思う

・生存者の息やうめき声だけで、あんなに的確に位置を把握できるのか?非現実的過ぎる

・母親が「見ちゃダメ」と雫の目を覆うが、指が離れすぎていて丸見えなのには爆笑

・現実離れしていて賛否両論あるが、自分は結構好きで楽しんでみている

・残酷過ぎてよくテレビで放映したと思う

 

最終話・9/21

・伊勢谷さん演じる本郷雫の迫力がすごかった

・透は、あれだけやられたのに生きていたなんてすごい。鉄球でかなりやられていたはずなのに顔も頭も綺麗だった

・樋口は本郷をあれだけ拳銃で撃って、おとがめなしなんて日本ではあり得ない

・ドラマ自体はツッコミどころも多く、雑な作りだったが、樋口役の唐沢寿明さん、本郷役の伊勢谷友介さんの役の作り込みはすごかった

・本郷雫を殺さず、それが彼の罰だと言い切る樋口は格好良かった

・キャストは良かったのに残念なドラマ

・樋口の妻が殺された理由が軽すぎる

・殺人犯の雫が看護師一人の付き添い、車に乗り込むときに報道人に囲まれるなかで父親に刺されるなんてあり得ない

・相変わらず電話を受ける人は沢山いるのに、出動するのは樋口刑事一人なのか?

・残虐で、グロのシーンが多いドラマだった



 

 

平均視聴率

関東ビデオリサーチ調べ、速報値です。

第1話・7/13:12.6%

第2話・7/20:8.4%

第3話・7/27:10.7%

第4話・8/3:9.3%

第5話・8/10:11.9%

第6話・8/17:11.1%

第7話・8/31:10.9%

第8話・9/7:11.2%

第9話・9/14:10.4%

最終話・9/21:12.9%

全話平均:10.9%

※全話平均は、各放送回の視聴率を単純に平均したものです。

 

 

 

最終回が終わったところでの感想としては、批判的なものが多かったです。

また真木よう子さんの滑舌の悪さも指摘されていました。

確かにひどかったと私も思います(^^;

韓国ドラマのリメイクは、そのままだと日本人の感覚とはズレがあるので、批判されがちです。

もう少し日本人が共感できるものに変更はできないものなのでしょうかね。

大人の事情などがあるのでしょうか。

そろそろ韓国ドラマのリメイクに頼らずに、オリジナルのドラマが観たいです。



 

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2019夏ドラマ
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930