2019夏ドラマ

ボイス 110緊急指令室|視聴率一覧&感想まとめ(随時更新)2019夏ドラマ

投稿日:2019年6月13日 更新日:

 

ボイス

 

2019年7月スタートの夏ドラマ、日本テレビの土曜日は、唐沢寿明さん主演の『ボイス 110緊急指令室』です。

『ボイス』の視聴率や、ドラマをみた人の主な感想をまとめていきます。



 

 

放送日時

日本テレビ
「ボイス 110緊急指令室」
毎週土曜日 夜10時~

■スタート日
7月13日(土)夜10時~

 

原作

“Based on the series “Voice”, produced and distributed by Studio Dragon Corporation and CJ ENM Co.,Ltd”

韓国ドラマのリメイクです。

 

脚本

浜田秀哉

主な作品
・Chef ~三ツ星の給食~
・絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(Season3)
ほか

 

主な出演・キャスト

唐沢寿明・・・樋口彰吾(東署ECU緊急出動班・班長)
真木よう子・・・橘ひかり(港東署ECU・室長)
増田貴久・・・石川透(港東署ECU緊急出動班・捜査員)
木村祐一・・・沖原隆志(港東署・強行犯係・係長)
石橋菜津美・・・森下栞(県警本部・通訳センター勤務)
田村健太郎・・・緒方拓海(ECU情報分析担当)
安井順平・・・落合智明(港東署ECU・副室長)
小市慢太郎・・・田所賢一(港東警察署・署長)
矢作穂香・・・森下 葵(森下栞の妹)
YOU・・・森下志津(森下姉妹の叔母・居酒屋店主)
菊池桃子・・・樋口未希(樋口の妻)

 

 

主題歌

BLUE ENCOUNT『バッドパラドックス』(キューンミュージック)
2019年9月11日(水)リリース

 

ドラマあらすじ

樋口彰吾(唐沢寿明)は、かつては凄腕の刑事だった。

だが、妻を殺され、愛する人を守れなかった悲しみから、酒浸りの日々を送っていた。

そんな時、緊急指令室に新たな捜査ユニットECU(Emergency Call Unit)が発足し、樋口もそのメンバーとして招集される。

ECU室長の橘ひかりは、かすかな音も聞き分ける声紋分析官、ボイスプロファイラーである。

ひかりは樋口の妻の事件当時、緊急指令室に勤務しており、樋口の妻の電話通報を受けていたが救うことができなかった。

そして警官だったひかりの父親も、樋口の妻を殺した犯人に撲殺されていた。

愛する人を失った悲しみと、癒えない傷から復讐に燃える樋口と、電話で通報してきた樋口の妻を救えなかった失意と悔しさに苛まれるひかり。

「声」を手掛かりに事件を解決していく中で、愛する家族を殺害した「真犯人」も突き止めていく。



 

 

主な感想

ドラマを観た人の主な感想をまとめます。

第1話・7/13

 

平均視聴率

関東ビデオリサーチ調べ、速報値を更新していきます。

第1話・7/13:%

※全話平均は、各放送回の視聴率を単純に平均したものです。

 

 

 

樋口刑事は、復讐に燃えた刑事ということで、アクションもあると思いますが、主演の唐沢寿明さんは56歳。

とてもそんなお歳には見えません。

電話通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」というのが使命ということで、スピード感のあるドラマになりそうです。

韓国ドラマのリメイクということで、何となく雰囲気を感じてしまいますが、「声」を手掛かりに事件を解決していくということで、今までにないドラマを期待してます。



 

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2019夏ドラマ
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2019年6月
« 5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30