林修の今でしょ講座 美容・健康

血糖値対策には玄米茶!飲むタイミングは?健康長寿お茶ベスト10|林修の今でしょ

投稿日:2018年10月23日 更新日:

 

林修の今でしょ講座

 

「林修の今でしょ!講座」で、健康長寿の人が良く飲むお茶についてやっていました。

その中から、ここでは「玄米茶」について、番組で紹介された内容をまとめました。

「玄米茶」は血糖値対策にいいのだそうです。

飲むタイミングなど参考にしてください。



 

 

番組情報

テレビ朝日

10/23 (火) 19:00 ~ 21:48

林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル

「お茶」と「魚の缶詰」の驚き健康パワーを徹底的に学ぶ3時間SP

 

■出演
MC:林修、進行:松尾由美子(テレビ朝日アナウンサー)
講師:古賀良彦先生
学友:知念侑李、八木亜希子、ビビる大木

 

健康長寿がよく飲むお茶ベスト10

健康長寿1000人がよく飲むお茶のアンケート調査の結果、ベスト10は次の通りです。

1位:緑茶(血管)
2位:麦茶(睡眠)
3位:ほうじ茶
4位:ウーロン茶
5位:紅茶
6位:ルイボスティー(毛細血管)
7位:玄米茶(血糖値)
8位:どくだみ茶(腸)
9位:プーアル茶
10位:ごぼう茶

 

血糖値対策にいいお茶「玄米茶」

玄米茶が血糖値対策にいい理由は、原料の「玄米」です。

玄米茶は、精米していない玄米を使ったお茶です。

玄米のぬかの中には、「ガンマオリザノール」という成分が含まれていて、その成分が高血糖を下げる働きが期待できるのです。

琉球大学の最新研究で、玄米のガンマオリザノールが、高血糖の改善効果があることを報告しています。

 

食事で糖質をとると、すい臓からインスリンが分泌されて、血糖値が正常に保たれます。

ガンマオリザノールは、インスリンの分泌を促進する働きがあります。



 

 

Wの効果で血糖値対策

玄米茶は「玄米」と「緑茶」をブレンドしたものなので、「玄米」と「緑茶」の両方の良い効果を期待できます。

玄米の「ガンマオリザノール」×緑茶の「カテキン」というWの効果で、血糖値対策に役立てることができます。

武庫川女子大学の研究報告でも、緑茶を飲むことで血糖値に改善がみられたという報告があります。

 

飲むタイミング

血糖値の急上昇を抑える玄米茶を飲むベストタイミングは「食前」です。

血糖値は食べた後に上がるので、血糖値対策には食前に飲んでおきます。

玄米のガンマオリザノールは、食欲を抑える働きも期待できるので、そいういう点でも食前がよいと言えます。

ただ薬ではないので、作用は穏やかです。

また、玄米茶の効果に関してはまだ研究段階なので、飲み過ぎはせず、数杯にとどめた方がよいということです。

 

血糖値対策サプリなら、1日1回いつ飲んでもいい「糖ダウン」がおすすめ
↓ ↓ ↓
血糖値対策サプリ「糖ダウン」を選んだ理由・使った感想・解約方法

 

玄米茶を使ったおすすめレシピ

血糖値対策ができるおすすめのレシピはズバリお茶漬けです。

お茶漬けの素には玄米あられが入っていて美味しいですよね。

玄米茶にあられは入っていませんが、香ばしくて、あられがなくても満足感があります。

血糖値対策という意味では、白米を食べるときは、玄米茶漬けがおすすめとのことです。

 

まとめ

玄米茶のガンマオリザノールは、

・血糖値が高い状態を下げる働きが期待できる

・糖質の多い食事の前に飲むとよい

・白米を食べるときは、玄米茶漬けにすると血糖値の上昇を抑えてくれる

※インスリン分泌に異常のある方はご注意ください、とのことです。

 

 

さて、いかがだったでしょうか。

玄米茶は、食前に飲むといいんですね。

食前にお茶という感覚がなかったので新鮮です。

確かに、食前にお茶を飲んだら食欲も抑えられそうな感じがします。

玄米茶は香ばしくて、好きなお茶なので、さっそく試してみようかな。



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

血糖値対策サプリなら、1日1回いつ飲んでもいい「糖ダウン」がおすすめ
↓ ↓ ↓
血糖値対策サプリ「糖ダウン」を選んだ理由・使った感想・解約方法

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-林修の今でしょ講座, 美容・健康
-, , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2019年5月
« 4月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031