林修の今でしょ講座

林修の今でしょ講座|甘酒で肥満予防!コラーゲン増で美肌に!甘酒の美容効果

投稿日:2020年1月28日 更新日:

 

甘酒

 

飲む点滴とも言われる甘酒ですが、健康効果はもちろん、肥満予防や美肌など、美容にも効果があるそうです。

今回は『林修の今でしょ講座』から、甘酒の美容効果についてまとめました。



 

 

番組情報

テレビ朝日
林修の今でしょ!講座 3時間SP
1/28 (火) 19:00 ~ 21:48
「甘酒」VS「コーヒー」冬の悩みを解消する驚きパワーを大公開!

■出演
MC:林修
進行:松尾由美子(テレビ朝日アナウンサー)
講師:倉橋敦(甘酒)
学友:伊沢拓司、伊集院光、キムラ緑子、川島如恵留

 

甘酒の効果3つ

今回は、次の3つの効果が紹介されました。

①風邪・インフルエンザ予防

②腸内の脂質を掃除

③美肌

今回は、②の「腸内の脂質を掃除」と③の「美肌」についてご紹介します。

 

甘酒の種類は2つ・米麹と酒粕

甘酒には、

・米麹から作る甘酒:米麹を約60℃のお湯に混ぜて作る

・酒粕から作る甘酒:酒粕をお湯に溶いて作る

の2つがあります。

米麹の甘酒は、ツブツブが残っている甘酒です。



 

 

酒粕甘酒で腸内の脂を掃除!肥満予防!

酒粕甘酒が、腸内に溜まった脂質を体外に排出する効果があると、2018年金沢工業大学などの研究で報告されました。

酒粕甘酒には、レジスタントプロテインが含まれています。

レジスタントプロテインは、吸収がされにくいたんぱく質で、分解されにくいのが特徴です。

レジスタントプロテインは脂質と結びつきやすいため、腸内の脂質を抱き込み排出してくれます。

そのため、肥満の予防につながるとのことです。

 

米麹甘酒ではだめ?

レジスタントプロテインは、米麹甘酒にも入っていますが、量が少なく酒粕甘酒の方が多いそうです。

 

肥満予防のために飲むならいつ?

食事の前に飲んでしまうと、脂質と結合する前に流れていってしまうため、食後に飲むのがおすすめとのことです。

甘酒は甘いので、食後にデザート感覚で飲むといいかもしれませんね。



 

 

美肌効果のある甘酒!

甘酒は美肌効果もあるそうです。

これは、米麹甘酒、酒粕甘酒、両方とも効果が期待できます。

 

米麹甘酒の美肌効果

米麹甘酒には、

・グルコサミン

・セラミド

が含まれています。

この成分が肌にいいのだそうです。

 

酒粕甘酒の美肌効果

酒粕甘酒に含まれるお肌によい成分は「α-EG」です。

酒粕甘酒は、1週間飲んだら美肌になった!という最新研究の報告があります。

金沢工業大学の研究で、40代~50代の人のコラーゲンの平均値を調べました。

酒粕甘酒を1週間飲んだら、コラーゲンの量が増えたのです。

1週間で飲むのをやめても、2週間後もコラーゲンの量は増え、1ヶ月くらいは効果が持続するという結果が出ています。

コラーゲン量は年々減っていくので、これは嬉しい結果ですね。

 

肌に効果的な飲むタイミング

お肌のために甘酒を飲むなら、夜がおすすめとのことです。

肌のターンオーバー(新陳代謝)は、夜行われるので、夜が効果的だそうです。

ちなみに、朝飲むと脳にブドウ糖が補給されるので、脳のためには朝がいいとのことでした。

 

■こんな記事もあります

 

甘酒については、以前も『林修の今でしょ講座』で取り上げています。

前回も肥満改善効果や肌トラブル改善効果についてまとめていますので、よかったらこちらも読んでみてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-林修の今でしょ講座
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020年2月
« 1月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829