美容・健康

赤い甘酒で血圧改善!紅麹の栄養と効果・飲み方と検証結果|名医の太鼓判

投稿日:2018年10月23日 更新日:

 

名医の太鼓判ドクター医者

 

TBSの健康番組「名医のTHE太鼓判!」の3時間スペシャルで、血圧を改善する飲み物として紅麹を使った赤い甘酒が紹介されていました。

紅麹の健康効果や、血圧を改善するための赤い甘酒の飲み方、検証結果を番組からまとめました。



 

 

番組情報

TBS
10/22 (月) 19:00 ~ 21:00
名医のTHE太鼓判!
芸能人余命宣告!改善して健康を取り戻すぞSP

■出演者
・MC:渡部建(アンジャッシュ)、山瀬まみ
・レギュラー:児嶋一哉(アンジャッシュ)、原西孝幸(FUJIWARA)、藤本敏史(FUJIWARA)
・ゲスト:虻川美穂子、内山信二、クロちゃん、橋本大二郎、濱田マリ、松嶋尚美、森朗、矢部太郎
・医師:大竹真一郎、大谷義夫(血圧)、川村優希、菅原道仁、高橋通、丸田佳奈、森田豊
・紅麹のGABAについて:日本大学病院循環器科医師 大久保具明先生

 

血圧を改善する飲み物とは?

今回、薬に頼らず血圧を下げる飲み物として紹介されたのは、「赤い甘酒」です。

赤い理由はその原料にあります。

通常甘酒には米麹を使いますが、赤い甘酒には「紅麹」を使います。

紅麹は、醤油、味噌、紹興酒、沖縄の「豆腐よう」などに使われていて、「紅麹」を使った「赤い甘酒」は、最近では酒屋さんや百貨店でも販売されています。

 

豆腐ようは、豆腐を使った沖縄の発酵食品です。
↓こういう赤い食品です。みたことありませんか?

 

 

赤い甘酒は、TVの影響でしょう。ほとんどが売り切れだと思います(^^;

 

■「味噌・こうじ・甘酒製造所“おたまや”」

「おたまや」さんでは、赤い甘酒の他に紅麹の粉末など、色々な商品がありますが、TVの影響でしょう。紅麹関連の多くの商品が売り切れ状態になっています。

でも紅麹の他にも、生麹や乾燥麹、甘酒、ダイエットに効果的なおからパウダーと言った商品を扱っているので、みてみると楽しいです。

「味噌・こうじ・甘酒製造所“おたまや”」のページ → おたまや楽天市場店

 

なぜ紅麹で血圧が下がるの?

紅麹にはGABAという成分が豊富に含まれています。

GABAは、野菜などにも含まれる天然のアミノ酸の一種で、紅麹には
キャベツの3倍
大根の5倍
玉ねぎの19倍
のGABAが含まれています。

 

■GABAの働き

交感神経から出るホルモンによって、血管が収縮して細くなり血流が悪くなってしまうので、血圧が上がります。

GABAは、血管を収縮させるホルモンをブロックし、血圧の上昇を防いでくれる効果が期待できるのです。

 

■赤い甘酒の作り方

・お米をお粥状に炊き上げ、容器に移す
・60℃くらいになったところに、紅麹を入れ混ぜる
・20時間発酵させると出来上がり

 

紅麹と桜葉で色付けしています。どの程度使われているか分かりませんが、一応紅麹を使っています(^^;

 

 

血糖値対策サプリなら、1日1回いつ飲んでもいい「糖ダウン」がおすすめ
↓ ↓ ↓
血糖値対策サプリ「糖ダウン」を選んだ理由・使った感想・解約方法

 

血圧改善のためには?

今回、血圧改善に挑んだのは、元高知県知事を務められた橋本大二郎さんです。

橋本大二郎さんの安静時の血圧は、平常値184/88(基準値は135/85)でした。

橋本さん生活習慣で気になる点は、塩分の多い食事です。

 

1日の塩分摂取目標量は?

血液中の塩分濃度が高いと、体が血液の濃度を一定に保とうとして水分を増やすので、血管にかかる圧力上がり、血圧が上がります。
そのため血圧改善には、塩分を控えるのは重要なポイントです。

厚生労働省では、1日の塩分摂取の目標量を次のようにしています。
・18歳以上の男性:8.0グラム未満
・18歳以上の女性:7.0グラム未満

また、高血圧を中心とする研究や啓蒙活動を行っている特定非営利活動法人「日本高血圧学会」で推奨されている1日の塩分摂取目標量は6g未満でした。

番組では「日本高血圧学会推奨の6g未満」という数字が紹介されていました。

 

あんかけは要注意

橋本大二郎さんが昼食に、あんかけ焼きそばを食べていました。

この「あんかけ」は血圧をあげるリスクになり注意だそうです。

片栗粉で汁を固めてしまうので、汁の塩分を全部摂取してしまうことになるのです。

例えばラーメンなら、汁を飲まなければ残せますが、あんかけにすると、残せる量はあまりありません。

血圧のことを考えたら、あんかけにはしない方がよいとのこと。なるほどです。



 

 

赤い甘酒の検証

赤い甘酒の味

橋本大二郎さん曰く、味は、飲みやすさと飲みにくさ中間くらいとのことで、特に飲みやすいわけでも、飲みにくいわけでもないようです(^^;

スタジオでは、普通の甘酒より飲みやすいかもという意見もありました。

少し酸っぱさがあり、それが果実っぽいとのことです。

 

飲み方

1日コップ1杯の赤い甘酒を飲みます。

食事の量は今まで通りで、10日間試しました。

<飲み方、食べ方いろいろ>
赤い甘酒を
・無糖のヨーグルトにかけて
・牛乳割で。1:1が目安。クセがなく飲みやすいようです。
・赤い甘酒を凍らせてシャーベットにしてデザートに

 

さて結果は?

10日間、赤い甘酒を飲んだ橋本大二郎さん(71歳)の血圧の値は次のようになりました。

検証前の平常値184/88(基準値は135/85)⇒ 110/66

劇的改善となりました。

その他一般の方3名にも実践してもらった結果です。
・女性:156/98 ⇒ 130/97
・男性(54歳):183/136 ⇒ 126/107
・男性:211/111 ⇒ 160/98

検証実験に参加された人は、飲むだけでいいという点を評価していました。

 

 

さて、いかがだったでしょうか?

甘酒は飲む点滴、美肌にいいなどと言われて、数年前から人気がありますが、紅麹を使っていることで、新たに高血圧の改善も期待できます。

調べたら、確かに高血圧用のサプリメントに紅麹を使っているものがありました。

ただ、番組で最後に、ヨーロッパでは一部紅麹菌の有毒物質が含まれたサプリメントが報告されているので、個人での輸入は注意してくださいと言っていました。

もし、サプリメントにご興味のある方は、ご注意を。



 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

血糖値対策サプリなら、1日1回いつ飲んでもいい「糖ダウン」がおすすめ
↓ ↓ ↓
血糖値対策サプリ「糖ダウン」を選んだ理由・使った感想・解約方法

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-美容・健康
-, , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


FODロゴ

2018年11月
« 10月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。


 

主婦バイト隙間時間で稼げる在宅ワーク
スマホや初心者でも5分でOKの簡単な仕事も!