林修の今でしょ講座

林修の今でしょ講座|枝豆VSピーナッツ!栄養と効果を比較&まとめ

投稿日:

 

林修の今でしょ講座

 

「林修の今でしょ講座」の「枝豆」VS「ピーナッツ」。

番組で紹介された枝豆とピーナッツの主な栄養や健康効果、食べ方などを表にしてまとめました。



 

 

番組情報

林修の今でしょ!講座 2時間スペシャル
2/25 (火) 19:00 ~ 20:54
テレビ朝日

■概要
納豆よりもスゴイ!?大注目の長生きパワー「枝豆」VS「ピーナッツ」最強豆はどっち!?

■出演者
MC:林修
進行:松尾由美子(テレビ朝日アナウンサー)
講師:矢澤一良(ピーナッツ)、星野泰三(枝豆)
学友:伊集院光、松坂桃李、新井恵理那

 

枝豆VSピーナッツの健康効果を比較!

番組で紹介された枝豆とピーナッツの健康効果をまとめました。

健康効果枝豆ピーナッツ
血管強化・カリウムが塩分を排出し血圧上昇を抑制
・イソフラボンが血管強化
・オレイン酸により悪玉コレステロール減少させ血管を強化
・血管にまつわる死亡リスクが20%減少
血糖値上昇を抑制・コリンやオルニチンが糖の吸収を抑える・オレイン酸やたんぱく質が糖の吸収を抑える
花粉症・レスベラトロールの抗酸化作用でアレルギーを抑制
インフルエンザ予防・薄皮に抗ウイルス作用
老化予防・レスベラトロールが長寿遺伝子を活性化
ガン予防・イソフラボンが乳がんや前立腺がんを予防
美肌・イソフラボンの抗酸化作用で美肌、美髪
脂肪を減らす・脂肪を減らす鉄分
・脂肪をつけにくい食物繊維
・代謝を上げるビタミンCとたんぱく質
・脂肪燃焼の葉酸
・脂肪や糖を分解するコリン
・脂肪や糖の燃焼を促進するオルニチン
肝臓強化で免疫力アップ・レシチン:肝臓の細胞を元気にして肝機能向上
・メチオニン:肝臓にたまった老廃物を除去
調理法・食べ方・茹でるのは×
・フライパンで皮ごと蒸し焼きにする
・枝豆500gに対し水100㏄、蓋をして5分くらい
・皮ごと食べる
・煮汁ごと摂取でき、豆も柔らかくなるので米と一緒に炊くと吸収率アップ
・細かく砕いたり、すり潰してピーナッツバターにするのもおすすめ

番組で紹介された内容を表にしてまとめました。



 

 

それぞれの内容は別途記事にしています。

詳細記事

 

それぞれにいいところがあり、どちらがいいとはいえませんね。

健康のためには、どちらも適量とるのが一番でしょう。



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-林修の今でしょ講座
-,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020年4月
« 3月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930