グルメ

クロワッサンはダイエット中もOK?低糖質クロワッサンと新しい食べ方

投稿日:2017年12月16日 更新日:

 

クロワッサン

 

クロワッサンを好きな人は多いのではないでしょうか?

美味しいですよね。私も大好きです。

でも気になるのはそのカロリー。

ダイエットを意識しているときは、グッとがまん・・・なんていうときもありました。

でも朗報です!

ダイエット中にパンを選ぶなら『クロワッサン』がよいらしいです。

 

私独自のクロワッサンの食べ方もご紹介します。

参考になるのか?ならないのか?・・・

 

皆さんのお口に合うかは分かりませんが、読んで息抜きくらいにはなるかも? 楽しんでいただけたら嬉しいです。

なにやっているんだろう、ぐらいの気持ちで、読んでやってください(;´∀`)



 

 

クロワッサンはダイエット中もOK

管理栄養士の伊達友美先生の本を読んだときに、ダイエット中にパンを選ぶなら『クロワッサン』がいいと書いてありました。

 

もともと伊達友美先生は、主食はお米がいいと言っています。

小麦粉は体を冷やして、代謝を下げやすいのでダイエットにはあまり向かないとのこと。

最近は、小麦に含まれるグルテンが健康やダイエットによくないのでは?とグルテンフリーを実践している人も多いですよね。

 

でも、たまにはパンを食べたくなることもあります。

それを「絶対ダメ」というのはストレスのもと。

伊達友美先生いわく、「我慢してストレスをためる方がよくない」とのこと。

 

そして、ダイエットを意識したとき、パンを選ぶなら「クロワッサン」がいいと言っています。

 

その理由は、クロワッサンは、生地が層になっていますから、生地の密度が低く、小麦粉の量が少ないのがポイントとのこと。

 

他のパンと比べて、小麦粉の量を控えられます。

 

そして、バターを使っているというのもポイントです。

最近のダイエットは、カロリーよりも血糖値をいかに上げないか、という点に注目していますね。

炭水化物は血糖値を急激にあげますが、脂質の血糖値はゆるやかに上昇します。

クロワッサンは、バターたっぷりなので、カロリーは高いですが、その分糖質は他のパンよりも少ないのです。

バターにはビタミンA、E、Dも豊富です。バターの脂質で腹持ちもいい。バターが発酵バターなどだったら尚いい。

というのが、ダイエット中にパンを選ぶなら『クロワッサン』がいい理由でした。

 

クロワッサンを食べていいなんて、ちょっと嬉しくなります。

でも、だからと言って、食べ過ぎてはいけないですが、たまにならいいですよね。

 

最近は、低糖質なクロワッサンもあるので、ストレスがたまらないように、上手に取り入れるとよいですね。

 

 

 

 

クロワッサンの新しいおすすめ?の食べ方

これは、私の自己流の食べ方なんですけど、もし興味があったら1度試してみてください。

それは、冷蔵庫で冷やして食べる食べ方です(^^;

 

クロワッサンというと、あのパリパリ感、サクサク感が美味しいですよね。

でも、買ってきてから時間がたつと、その美味しさは半減。

常温で置いておくと、イマイチになってしまいます。

サクサク感はなくなって、ボソボソ?バサバサ? あまり美味しくありません。

それで普通はトースターなどで焼いて、サクサクにして食べます。

 

私が冷蔵庫で冷やして食べるようになったきっかけですが・・・

食べようと思っていたクロワッサン、たまたま食べそびれました。

気温が高い時期だったこともあり、冷蔵庫にしまったのです。

そして、翌日、好奇心からちょっと味見してみました。

 

これがイケました。私の味覚ですけど(^^;)

もっとバサバサになっていると思ったのに、予想ははずれました。

常温に置いているものより美味しいと思いました。

 

確かに焼いたものと比べると、香ばしさはありません。

でも生地は思いのほか、しっとりしています。

また違った味わいがあって美味しかったのです。

 

ちなみに、冷凍ではダメです。

バターが固まって、カチカチになってしまいます。

冷蔵庫にいれているくらいが丁度よいです。



 

 

クロワッサンを冷やして食べるもう1つのメリット

冷やして食べてみて、もう1つメリットがあることに気が付きました。

それは、パンくずがあまり出ないことです。

たいしたことではありませんが・・・(^^;)

 

焼いたクロワッサンをちぎると、パリパリの生地がボロボロにになり、パンはつぶれてしまいます。

手はバターでベトベトです。

焼いたクロワッサン焼いたクロワッサン

でも冷やしたクロワッサンは、生地の中のバターがある程度固まっています。

ちぎってもパンくずはでませんし、パンもつぶれません。手もあまりベタベタにはなりません。

冷蔵のクロワッサン冷蔵クロワッサン

もちろん、「手は全然汚れない」というわけではありませんが、焼いたときと比べると、明らかに汚れません。

焼いたクロワッサン、一口目だけちぎって、その後はかぶりつきました。食べ終わったら、お皿はパンくずがいっぱいです。
ナプキンにバターもしみています。

焼いたクロワッサンの食べ後焼いたお皿

冷蔵のクロワッサンは、ちぎって食べてもお皿は綺麗です。

冷蔵のクロワッサンの食べ後冷蔵お皿

 

パンくずくらい、家で食べるなら、あまり気にするところではないかもしれないですね・・・(^^;

 

ところで、炭水化物って冷やして食べると、レジスタントスターチの働きで、ダイエットを助けてくれます。

冷やしたクロワッサンってどうなのでしょうかね???

お米や麺類は冷やすといいと聞きますが、パンはどうなんだろう?

クロワッサンでも効果があると嬉しいのですが・・・。

 

さて、いかがだったでしょうか。

焼いたクロワッサンと、冷蔵のクロワッサン、味わいが全然違います。

焼いたクロワッサンにはかなわないかもしれませんが、冷蔵のクロワッサンも意外と美味しいですよ。

 

それでは、
最後までお読みいただきありがとうございました。



 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-グルメ
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2018年10月
« 9月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。


 

主婦バイト隙間時間で稼げる在宅ワーク
スマホや初心者でも5分でOKの簡単な仕事も!