生活情報

硬い肉をやわらかく.安い肉を美味しくする方法と裏技/輸入肉も和牛に!

投稿日:

 

肉屋

 

硬いお肉をやわらかくしたり、安いお肉の風味や味を良くして、美味しく食べる方法、裏技をまとめています。

TVなどでも紹介されたりして、いろいろな方法があります。

見つけるごとに更新していきたいと思います。



 

 

お肉をやわらかくする

安くて硬い輸入肉を、やわらかくします。

ステーキ肉

安いステーキ用の牛肉をやわらかくします。

重曹を使う

重曹の筋線維に働きかける性質を利用してお肉をやわらかくします。

①500mlの水に、小さじ2杯の重曹を溶かす

②その水に、ステーキ肉を30分つける

肉の旨みは、若干水に溶けるが、それよりも食感の美味しさが増すので、気にならないとのこと。

重曹は、家庭に置いている人も多いので、お手軽かもしれないですね。

 

とんかつ用のお肉

飲むヨーグルトを使う

トンカツ用の豚肉をやわらかくします。

①トンカツ用の豚肉の筋切りをする

②肉にフォークをさし穴をあけ、麺棒でたたく

③ビニール袋に、肉1枚、飲むヨーグルト大さじ2、水大さじ2を入れ30分置く

 

すき焼き肉

すき焼き用の牛肉をやわらかくします。

キウイを使う

①キウイを輪切りにし、キウイでお肉を挟む

②1時間ほど置く

※夏場は、冷蔵庫で2~3時間置くとよい。

試食した人の感想では、キウイの味はしないそうです。

<参考>
キウイには、アクチニジンという酵素が含まれており、その酵素がたんぱく質を分解してお肉をやわらかくします。

アクチニジンの効果は強いので、薄切り肉にすりおろしたキウイを1mm程度かけて1時間置くと、お肉がドロドロになります。

また、すりおろすと、キウイの味や香りも肉に移ってしまいます。

ですので、キウイは輪切りにしたもの、置く時間は1時間がちょうど良いとのことです。

 

■キウイを使った割り下のレシピ

①しょうゆ:みりん:赤ワイン=2:2:1を火にかけアルコールをとばす

②火を止め、つぶしたキウイを①に入れる

キウイの量は、お肉をやわらかくするのに使ったキウイを全部使っていました。結構タップリという感じです。

また、美味しく食べるポイントは、お肉に火を通しすぎないこと。固くなってしまうので、30秒くらいで引き上げて食べると美味しく食べられるとのこと。

所ジョージさんの番組で紹介された方法で、試食した所さんの感想は、お肉がとてもやわらかく、キウイは感じられなかったそうです。

お肉で使ったキウイを無駄なく使えるので、よい食べ方だと思いました。

 

ココナツミルクで風味をよくすると(下記参照)、さらに美味しく食べられます。

お肉を、キウイで挟んで1時間、その後ココナツミルクで漬け込み、冷蔵庫で30分置くとよいそうです。



 

 

味・風味をよくする

安い輸入肉の風味や味を、和牛に近づけます。

すき焼き肉

ココナツミルクを使う

ココナツミルクに含まれる「ラクトン」という成分を利用した方法です。

①ビニール袋に、100gの牛肉と、大さじ1と1/2のココナツミルクを入れる

②ココナツミルクが肉全体にいきわたるように、軽くもむ

③冷蔵庫で30分ほど置く

 

キウイでお肉をやわらかくすると(上記参照)、さらに美味しく食べられます。

お肉を、キウイで挟んで1時間、その後ココナツミルクで漬け込み、冷蔵庫で30分置くとよいそうです。

 

 

さて、いかがだったでしょうか。

まだ方法はあると思いますので、随時更新していこうと思います。



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-生活情報
-, , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2018年7月
« 6月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。