漫画

『新婚だけど片想い』10話あらすじネタバレ|なかよし6月号

投稿日:2021年5月2日 更新日:

 

新婚だけど片思い

 

なかよしで連載されている、雪森さくら先生の新連載「新婚だけど片想い」

やっと久遠の気持ちを聞くことができた皐月。

距離が少しずつ縮まってきているような気もしますが・・・。

今回はどんな展開が待っているのでしょうか?

なかよし6月号に掲載されている第10話のあらすじ&ネタバレをまとめています。



 

 

登場人物

■白井皐月
16歳の高校生。自他ともに認める才色兼備で、みんなに褒められる自分が大好きだが努力もしている。家事も得意。実家は旧名家の家柄だが経済的に苦しく、親の都合で久遠と婚約することに。

■有栖川久遠(くおん)
17歳のイケメン天才棋士。父親はIT社長で裕福な家の息子だが、「家を継がず一生囲碁ができるならなんでもいい」という冷めた性格。その塩対応さで皐月を悩ませている。「氷の王子」と呼ばれている。

■有栖川高貴(こうき)
久遠と母親違いの弟で、中学3年生の受験生。久遠のことは嫌っているように見えたが、実はブラコン?

■しーちゃん
皐月の友達。

■エリナ
皐月の友達。

■秋山
しーちゃんやエリナと親しくしているメガネ男子。皐月にちょっかいを出してくる。

■菅原みこと五段
久遠の姉弟子で23歳

■椎名塁八段
久遠の兄弟子で21歳

 

第9話おさらい

久遠に片想いじゃないと言われた皐月でしたが、両想いかどうかは確かめられないまま。

その一方で受験間近の高貴の勉強を見ていた皐月。

当日、受験会場へ送っていった皐月と久遠でしたが、このあと2人でどこか行かないかという話になります。

しかし行き先は、久遠が小さい頃囲碁の先生にたまに連れてきてもらったスーパーでした。

途中で久遠と同じ囲碁教室に通っている小学生の女の子、エマと会います。

やたらと久遠にくっついてくるエマを少し羨ましく思う皐月。

しかし久遠ははっきり「この人と婚約してるから」とエマに言います。

そして帰りは2人で手をつないで帰っていくのでした。

「この人と婚約してるから」とは、久遠くん、よく言った!

さて、今回はどんな展開が待っているの楽しみです(^^)


第10話あらすじ

初めての手つなぎ

久遠とちゃんと手をつないだのはこれが初めてだった皐月。

しかもお互いに繋ぎたくて繋いでいる様子です。

そんな皐月に他にしたいことはないかと聞いてくる久遠。

皐月は、できれば制服デートがしたいがこれで十分だと言い、そのまま帰ることになります。

手をつないだだけで皐月は心臓が壊れてしまいそうなくらいドキドキするのでした。



 

 

久遠の塩対応復活

両想いになってから、家で2人きりになったのも初めて。

手をつないだということは、次はキスとかそれ以上とか?と考える皐月。

以前は拒否されていましたが、今は気持ちがあるのだからそれもありえるのでは?と急に緊張してしまいます。

そしてついついスキンケアに気合いを入れてしまうのでした。

翌日、久遠は対局のため学校を休みます。

久遠は対局の他に、テレビ取材や地方の指導碁などもやらないといけないのでした。

一方で皐月は気合いを入れて晩ごはんを用意していましたが、明日から1週間くらい家にいないからしばらく食事はいらないと言われてしまいます。

久遠は期末テストは許可をもらって別に受けることになっていて、部屋には立ち入り禁止の札が。

久遠にあしらわれているように感じた皐月は「塩対応さがいつもより塩分濃いめじゃない?」と思ってしまうのでした。

久遠のためにテスト用のノートをまとめて置いておいた皐月は、そこにちゃっかり「お礼は制服デートでお願いします」とメッセージカードを付けるのでした。

しかし返事の手紙はやはり塩対応なものでした。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

好きだけどキス以上は嫌?

学校の友達に手つなぎデートをしたことを話したらラブラブだと言われて元気を取り戻した皐月。

そして日曜日のホワイトデー。

久遠が帰ってきますが、雨に降られて上半身裸!

真っ赤になって慌てふためいた皐月は、滑って後ろにこけてしまいますが、幸いソファーの上でした。

そして庇おうとした久遠に押し倒されたような体制になってしまう皐月。

しかし久遠は「キスとかそれ以上するつもりないから」と言ってさっさと着替えてしまいます。

嫌いになったのかと焦る皐月でしたが、久遠は好きだと言います。

皐月は好きと言われたのは嬉しい反面「私はキスとかしたいんですが?」と涙目で思ってしまうのでした。



 

 

作品データ

「新婚だけど片想い」
・作者:雪森さくら
・10話:「キスとかそれ以上とか」
・掲載本:なかよし6月号掲載

ebookjapanでみてみる

 

■こちらもどうぞ

 

最近ラブラブな感じの2人でしたが、久遠の塩対応さが復活してしまった回でした。

手をつないだだけで心臓が壊れてしまいそうなくらいドキドキしてしまう皐月は微笑ましくて可愛いです。

最後は、なりゆきとはいえ押し倒すような体制になってしまった2人にはドキドキしてしまいましたが、久遠は「キスとかそれ以上はするつもりない」の一言。

これは皐月が好きだから大切にしたいという意味なんじゃないかな?とも思いますが、色々頑張っている皐月がちょっと可哀想だと思うのは私だけ?

ラブラブな新婚さんになるのには、なかなか時間がかかりそうです。

「新婚だけど片想い」次回はなかよし7月号(6月3日発売)に掲載です。



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-漫画
-, , , , ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク