漫画

『新婚だけど片想い』4話あらすじネタバレ|なかよし11月号

投稿日:


ebookjapan

 

なかよしで連載されている、雪森さくら先生の新連載「新婚だけど片想い」

少しずつ久遠と皐月との距離が縮まってきたように思いますが、まだまだ皐月の片想いな感じが強くてもどかしいです。

しかし赤点回避のお礼にと囲碁を教えてくれたりと、久遠も以前に比べたら皐月に興味を示してきたのかもしれません。

今回はどんな展開が待っているのでしょうか?



 

 

登場人物

■白井皐月
16歳の高校生。自他ともに認める才色兼備で、みんなに褒められる自分が大好きだが努力もしている。家事も得意。実家は旧名家の家柄だが経済的に苦しく、親の都合で久遠と婚約することに。

■有栖川久遠(くおん)
17歳のイケメン天才棋士。父親はIT社長で裕福な家の息子だが、「家を継がず一生囲碁ができるならなんでもいい」という冷めた性格。その塩対応さで皐月を悩ませている。「氷の王子」と呼ばれている。

■しーちゃん
皐月の友達。

■エリナ
皐月の友達。

■秋山
しーちゃんやエリナと親しくしているメガネ男子。皐月にちょっかいを出してくる。

■菅原みこと五段
久遠の姉弟子で23歳

■椎名塁八段
久遠の兄弟子で21歳

 

第3話おさらい

久遠の留年の危機を救うため、サポートする皐月。

その努力の甲斐あって、久遠は赤点を免れます。

お礼に囲碁を教えてもらう皐月。

でも久遠は日々の疲れから途中で寝てしまいます。

皐月は久遠が寝ているのをいいことに「久遠くんのこと、私はちゃんと好きなのにな」と言ってしまいます。

しかし「ねえ、今なんて言った?」と目を開ける久遠。

第4話のあらすじです。



 

 

第4話あらすじ

動揺する皐月

実は起きていた久遠に「好きって聞こえた」と言われるも、「空耳だね。囲碁が好きとは言ったかも」と顔を真っ赤にして言い訳する皐月。

近づいてきた久遠に「ムリ」と言って逃げてしまいます。

皐月は久遠への気持ちがあふれてきて動揺します。

オトすつもりがボロボロになり、どんな顔をして会えばいいのか分かりません。

翌日、皐月は久遠には会わない代わりに目覚まし3個と「何があっても遅刻しないように」とメモを残して先に登校しました。

 

皐月のピンチ

二人きりで過ごしたかったクリスマスイブ。

でも久遠は手合い日(木曜日に行われる囲碁の対局)です。

皐月は、エリナとしーちゃんに誘われ、クリスマスパーティーに行くことに。

皐月はパーティーを楽しみながらも久遠のことを考えてしまいます。

皐月は、久遠のことがめちゃくちゃ好きだと自覚しつつありました。

パーティーにはちょくちょく連絡してくる秋山の姿もありました。

パーティーは王様ゲームで盛り上がります。

王様は秋山。

皐月は1番をひき、それは王様の秋山が1番にキスをするというものでした。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

久遠の動揺?

一方久遠は姉弟子の菅原みこと五段(23歳)と兄弟子、椎名塁八段(21歳)と食事をしていました。

久遠は塁に「婚約したてなのに、イブにこんなとこいていいの?」聞かれ、皐月は1人でクリスマス会に行ったことを話します。

「年頃の子がそういう場に行くって、新しい恋とか期待してること多いでしょ」という話になり、久遠は目を見開くのでした。

 

突然のキス

一方皐月は大ピンチに陥っていました。

みんな場に酔っていて、王様ゲームのキスを止めてくれません。

帰ろうとする皐月に秋山は「帰ったらめっちゃ盛り下がるけどね」と、皐月がそういうことを気にするタイプなのを知って言います。

皐月困っていると、そこへ久遠が入ってきます。

久遠は「2人で過ごしたいって言ったじゃん」と、皐月を連れ帰ろうとします。

その久遠自身、自分がなぜここに来たのか分かっていませんでした。

秋山は、王様ゲームで自分が皐月にキスをするのだと説明。

久遠は「なら、これもらう」と秋山の持っていた1番の棒をとって、みんなの前で皐月にキスをするのでした。



 

 

作品データ

「新婚だけど片想い」
・作者:雪森さくら
・4話:「2人っきりで過ごしたい」
・掲載本:なかよし11月号掲載

 

■こんな記事もあります

 

皐月の片想いな感じはあいかわらずで久遠はあまり変わりないように思いましたが、ラストは「急にどうしたの?!」とちょっとびっくりしてしまいました。

姉弟子たちの話を聞いていて危機感を感じたのか、久遠なりにやきもちを焼いていてとった行動だったのかもしれないですね。

秋山は以前から馴れ馴れしい感じがしていたので、「久遠よくやった!」とも思ってしまいました。

「新婚だけど片想い」次回はお休みで、なかよし1月号に掲載です。



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-漫画
-,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です