2019冬ドラマ

家売るオンナの逆襲|第7話あらすじネタバレ&感想・見逃し無料と動画配信情報

投稿日:

 

家売るオンナの逆襲

 

前回から屋代は美加のバイト先の店長、三郷と親しげにしています。

万智との夫婦仲がぎくしゃくしてしまいそうな感じですが、今回はどんな展開が待っているのでしょうか。

第7話のあらすじです。

 

スポンサーリンク

 

 

第7話あらすじ

ウーマンプロジェクト

テーコー不動産ではウーマンプロジェクトの企画に万智(北川景子)が任命されます。

輝く女性が活躍できることを目的とした、女性主導のこの企画。

屋代(仲村トオル)は万智に「通常営業をセーブして、そっちに専念して」と言いますが、万智はどちらもやると言います。

一方、留守堂(松田翔太)は、ワーキングマザーの宇佐美サキ(佐津川愛美)に物件を紹介していました。

足立(千葉雄大)の同期でもある宇佐美は、足立に留守堂を紹介してもらったのでした。

留守堂は子連れに優しく、防音もしっかりしている家を探すとサキと子供に言うのでした。

 

 

 

ワーキングマザーとキャリアウーマン

テーコー不動産には、ウーマンプロジェクトのメンバーとして元、屋代と布施(梶原善)の後輩である朝倉雅美(佐藤江梨子)がやってきます。

雅美は結婚はしているものの、子供は持たないキャリアウーマンでした。

インターネット推進部のサキ、庭野(工藤阿須賀)、万智、雅美の4人で打ち合わせが始まります。

「子育て世帯に刺さるものがいいと思う」とサキが言う一方で、「子供を持たない家庭のことも考えたほうがいいんじゃない?」と雅美。

意見が合わない上にこれと言った解決策を出すわけでもなく、サキは「時短勤務なので」と言って打ち合わせの途中でさっさと帰ってしまいます。

「時短なら先に言うべきよね」と雅美はサキが帰った後に愚痴をこぼし、万智に家を探しているのだと言います。

そして雅美に誘われて庭野と一緒に万智はボウリングに行くことになり、屋代にそのことを伝えるとまた万智の帰りが遅いことに屋代はがっかりするのでした。

 

屋代の浮気?

ちちんぷいぷいでは屋代がこころ(臼田あさ美)に万智にボウリングに誘われなかったと愚痴をこぼしていました。

そこへ美加(イモトアヤコ)が三郷((真飛聖)を連れてやってきます。

「毎日奥さんの帰りが遅いと寂しいわね」と三郷に優しいことを言われてにやける屋代。

こころは、そろそろ万智が帰ってくるだろうから早く帰れと屋代に言いますが、屋代は三郷と飲んでなかなか帰ろうとしませんでした。

 


 

 

バッティング

テーコー不動産のウーマンプロジェクトでは、雅美はまたサキと意見が合わず、しかもまたさっさと帰ってしまってストレスを溜めていました。

そんな雅美に万智は「お口直しに物件を紹介します」と言い、雅美は「朝イチで行くわ」と返答。

万智が紹介した物件は、マンションながら庭があり立地も良いところで、雅美はすっかり気に入ります。

しかしそこへサキを連れて留守堂がやってきます。

サキ 「ここの間取りは子育て世代向きですよ?送り迎えにも便利なんです」
雅美 「ここは私のなじみの鍼灸師さんの診療所にも近くて、夫のプラモデルも飾れるのよ。子供子供ってそんなに偉いの?産まない女の生き方だって評価されるべきなんじゃないの?!」

言い合いになってしまう2人に、留守堂は万智にボウリング対決をして決めればどうかと提案。

ボウリングは大の苦手な万智は、プロボウラーを目指していたほどの腕前である美加に助けを求めるのでした。

 

ボウリング対決

そしてボウリング大会当日は、テーコー不動産の社員たちが万智と留守堂の対決を見ようと来ていました。

万智は、ガニ股になって両手で高速のボールを投げるという独自のスタイルでストライクを連発していました。

留守堂もストライク続きで、両者譲りません。

あと1球でパーフェクトというところまできましたが、最後の最後でピンを1つ残してしまう万智。

留守堂の勝利と思いきや、万智は留守堂がファールだったという証拠を写真におさめていました。

留守堂はあっさり負けを認めましたが、サキは「私にはあの家が必要。鍼灸師の近くだからなんて理由間違ってる」と駄々をこねます。

万智 「あなたは育児を持ち出せば周りがひれ伏すと思っていますね?確かに仕事と育児の両立は大変です。しかし本気で両立させようと思うなら、自分の仕事量をコントロールしなければなりません!」

庭野はそれを聞いて「育児ハラスメントで訴えられますよ!」と慌てて言いますが「訴えたければ訴えれば良い!」と万智。

こうして家は雅美が購入することになったのです。

 

 

 

サキの結末

「プロジェクトから降ろしてもらおうと思ってる」と言いに来たサキに万智は、「最後にお見せしたいものがあります」と言って、子育てはしやすいが、保育園からは遠い物件へ連れていきます。

サキの夫の会社には託児所ができることになっており、夫婦で育児を協力してやっていけばいいというのが万智の考えでした。

万智 「男性は普通に働いていても何も言われないのに、女性は輝くことを要求されます。しかし一度きりの人生で他人の担いだ神輿に乗る必要はありません。お子さんの送り迎えは職場から近い旦那様にお任せすれば良いのです。サキ様だけ二足のわらじを履くというのがそもそもおかしな話です。あなたは十分輝いています。これ以上輝けないほどに」

その話を聞いてサキは涙を流します。

そして既に話を聞いていたサキの夫がやってきて、この家を6500万円で買うことに決めました。

 

夫婦のすれ違い

ちちんぷいぷいには留守堂の姿がありました。

久しぶりに負けてしまった留守堂は、いつも屋代がこころにやってもらっているおまじないの特別版をやってもらっていました。

 

一方、屋代のもとには三郷からメッセージが。

屋代はあれから三郷に会ったり一緒にごはんに行ったりしていたのです。

万智は「今日はすぐ帰れます」と屋代に言いにきますが、「友達と会うから」と冷たい態度をとる屋代。

万智 「最近帰りが遅いように思いますが」
屋代 「君にだけは言われたくないね」

それを聞いた万智は悲しげな表情を浮かべていました。

 

見逃し無料・動画配信は?

■今だけ最新話が無料配信中 日テレ無料DATA!

2/27 午後9時59分まで無料でみれます ⇒ 日テレ無料TADA!

 

■無料期間が終わったら?

Huluで最新話まで全話見放題!
まずは無料お試しで!無料期間中の解約ができます ⇒ Hulu

※2019年2月現在の情報です。現在配信しているかどうかは、公式サイトでご確認ください。

 

 

今回は働く女性にスポットライトを当てられていました。

万智は雅美とサキ両方の立場に立って考えていたので、女性ならではの気遣いで拍手を送りたくなりました。

一方、屋代との夫婦関係は不穏な感じで、最後の万智のさみしそうな顔が印象的でした。

二人はどうなっていくのでしょうか?

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-2019冬ドラマ
-



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


FODロゴ

2019年3月
« 2月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 
当ブログサイトの新着をお知らせするメルマガ配信です。ぜひご登録ください。