名医の太鼓判 美容・健康

骨粗しょう症予防にみかん!栄養と効果・効率的な食べ方・夏は?ジュースは?|名医の太鼓判

投稿日:2019年1月8日 更新日:

 

名医の太鼓判ドクター医者

 

骨粗しょう症予防にはみかんが良いそうです。

みかんを食べていると骨粗しょう症の発症リスクがなんと92%も軽減するとのこと。

そのデータにちょっとビックリでした。

「名医のTHE太鼓判!」の内容をまとめましたので参考にしてくださいね。



 

 

番組情報

TBS

1/7 (月) 19:00 ~ 20:00

名医のTHE太鼓判!

「冬の不調 むくみ・めまい・骨粗しょう症をスッキリ撃退SP」

50歳を境にリスクが急激に増加する骨粗しょう症予防に効果的な冬の最強食材みかん
骨そしょう症の発症リスクを軽減…その食べ方を教えます!

■出演
MC:渡部建(アンジャッシュ)、山瀬まみ
レギュラー:レギュラー :児嶋一哉(アンジャッシュ)、原西孝幸(FUJIWARA)、藤本敏史(FUJIWARA)
ゲスト:アンジェラ佐藤、高橋真麻、松本伊代、渡辺美奈代
医師:新井基洋、大竹真一郎、久道勝也、丸田佳奈、森田豊

みかんの骨粗しょう症予防効果については、森田豊先生が教えてくれました。

 

骨粗しょう症発症リスクを下げるみかん

みかんを1日3~4個食べる人は、ほとんど食べていない人に比べて、骨粗しょう症発症リスクが92%低下するそうです。

この数字ちょっと凄くないですか?

同志社女子大学生活科学部の杉浦実教授が発表したもの。

あまりに衝撃的な数値だったので、フリップに書かれていたことをそのまま書いておきます(^^;

血中β-クリプトキサンチンレベル別に見た4年間での骨粗しょう症発症リスク

同志社女子大学生活科学部 杉浦実教授

 

愛媛県のみかん農家の骨密度

愛媛県の特産品は「みかん」です。

柑橘類の収穫は42年間、連続1位を獲得しています。

 

みかん農家の方は、普段からみかんを1日平均3~4個食べていました。

そのまま食べたり、焼いて熱々にして食べたり。

そんなみかん農家の方の骨密度を図ったら、20人中14人の方が基準値より高い骨密度でした。

骨密度の正常基準値は80%以上

60歳女性 103%

53歳女性 106.3%

54歳女性 119%

女性は年齢と共に骨密度が低下します。

特に閉経を迎えると減ってしまうので、この数値はすごいですね。

 

みかんの栄養成分と効果

 

みかん

 

骨粗しょう症予防によいのは、みかんに含まれる「β-クリプトキサンチン」という成分です。

 

骨が維持される仕組み

骨には「骨を壊す細胞」と「骨を作る細胞」があります。

骨は常に「骨を壊す細胞=破骨細胞」によって壊され、「骨を作る細胞=骨芽細胞」によってつくられる(再構築)ということを繰り返しています。

若い頃はこのバランスがとれて骨を維持することができます。

しかし、歳をとってくると骨を壊す細胞が活発になり、骨を作る細胞の働きが弱くなるので、骨がスカスカになってしまい、これが骨粗しょう症の原因となります。

 

「β-クリプトキサンチン」の効能

みかんに含まれる「β-クリプトキサンチン」は、骨を壊す細胞の働きを弱めてくれるので、骨粗しょう症の予防によいと考えられています。

 

柑橘類の「β-クリプトキサンチン」の量

柑橘類ならどれでもよいのかと思いきや、「β-クリプトキサンチン」の量はみかんが圧倒的に多いのです。

<柑橘類の「β-クリプトキサンチン」の量(100g中)>

・夏みかん 120mcg

・オレンジ(バレンシア) 130 mcg

・きんかん 200 mcg

・みかん(温州) 1800 mcg

※出典:七訂食品成分表2018

桁違いですね。



 

 

みかんは冬の食べ物・夏はどうする?

みかんと言えば冬の食べ物ですよね。

みかんが骨粗しょう症予防に良いと分かっても、夏はどうしたらよいのでしょうか?

それがなんと、冬に沢山食べておけば、夏は食べなくてもいいのだそうです。

なぜなら「β-クリプトキサンチン」は、多めにとっておけば半年は体に蓄えておくことができるのです!

みかんを食べ過ぎると、手が黄色くなりますが、あれは「β-クリプトキサンチン」のせいなのだそうです。

 

ジュースでもいいの?

100%のみかんジュースなら「β-クリプトキサンチン」の効果はあります。

300mlでみかん3個分のβ-クリプトキサンチンが摂取できます。

 

みかんの成分を効率よく摂取するレシピ

みかんに含まれる「β-クリプトキサンチン」を効率よく摂取できるレシピです。

 

みかんの炊き込みご飯

みかんジュースを使った炊き込みご飯です。

炊き込みご飯の具材を入れ、水の代わりにみかんジュースを使って炊くだけ。

 

豚肉みかんの照り焼き

①みかんは房に分ける

②①のみかんを赤ワインに一晩つける

③薄切りの豚肉で②を巻いてフライパンで焼き、醤油で味付け

みかんのポリフェノールと赤ワインのポリフェノールを摂取することができます。

β-クリプトキサンチンは、脂と一緒に摂ると吸収率がアップします。

 

みかんの皮のきんぴら

①みかんの皮を細切りにして、さっと湯通しする

②ゴボウを炒めて味付けをしたら(醤油2:みりん2:ザラメ1)、①のみかんの皮を入れる

みかんの皮には、実の3倍のβ-クリプトキサンチンが含まれています。

 

 

いろいろな健康番組で、いろいろな成分を見てきましたが、半年も体に蓄えておける成分を初めて知りました。

β-クリプトキサンチンってすごい、そんな成分を含んでいるみかんってすごいですね。

冬場、あればついつい手がのびて食べてしまうみかんですが、これからは罪悪感なく食べられそうです(^^;



 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 

-名医の太鼓判, 美容・健康
-, ,



comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


FODロゴ

2019年3月
« 2月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31